簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代アラフィフ主婦。ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

秋冬の外出に着る服はニットワンピースに決めた理由

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

秋とはいえ、日中は歩くとまだまだ暑いので、真夏と同じ格好をしています。もちろん、半袖とかじゃないですよ。パッと見た目は秋でも違和感のない服装をしています。

さて、これから本格的な秋冬になったら、何を着ますか?

私は昨年、これまで食わず嫌いだったニットワンピースを数年ぶりに取り入れました。

結果、これがとても良かった。

というのも、秋冬にアウターを着ると、結局中に着る服はあっさりしていた方が断然フットワークがいいのです。

なぜかというと、アウターやらマフラーとかストールとか、帽子とか手袋とか、秋冬はただでさえ小物のアクションが増えるんですよね。

そこにアウターの下を出来るだけスッキリしておけば、コートの下で服がもそもそしません。

さらにネックは、ハイネックがベストです。なぜなら、保温とアウターの首回りの襟汚れを予防できるからです。

タートルネックでは暑すぎ。汗をかくともう大変。ハイネックくらいがベストです。

色選びですが、昨シーズンはレッド、イエローとカラフルな明るい色を、メインにしました。今年は、シックなベーシックな色とカラフルな明るい色を2:1の3枚用意しました。

昨シーズン活用したニットワンピースはGWまで活躍しました。ハイネックなので寒い時にはユニクロリブタートルTで微調整します。

寒くなければ、インナーにニットでOKです。

冬は寒いので季節的には苦手ですが、暑い真夏よりコーデは楽なのかもしれませんね。

アウターで中に着る服は見えにくいからこそ、定番をそろえておくと迷いません。

 

おしらせ

 このブログ以外にも、ちゃくまのアカウントがあります。

あそびに来てね。