簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代アラフィフ主婦。2級FP技能士・ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

アマゾンプライムワードローブを利用してみました。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

気になる靴があったので、Amazonプライムワードローブを利用してみました。

f:id:chakuma2017:20191116120242j:plain

Amazonプライムワードローブとは、簡単に言えば、自宅で商品を確認(試着)して「買う」品以外は送り返すことができるシステムです。

 

商品が届いてから、送り返すまでの期間は7日間です。

送料も返送も無料で送り返せます。(荷物の受け取りも返送も無料)

 

ただし、アマゾンプライム会員であることが条件です。

支払は、7日の返送期間を過ぎると自動的に開始します。

 

今回、私が取り寄せたのはサイズ違いの2足のシューズです。

ところが、購入したいと思った方のサイズの方に、小さな不具合がありました。

 

そこで残念ですが、2足とも返送することにしました。

一応、話をまとめるとこんな感じです。

 

  • 1足目・・サイズが大きいので返送
  • 2足目・・買いたかったけれど、不具合を発見したから返送

 

返送の手続きは簡単です。

注文確認画面からできます。

  • 購入
  • 返送

のボタンが、それぞれ表示されているので、選択します。

ここにいつまで返送すればいいかも表示されています。

 

私は2足とも返送なので、返送のボタンを選択します。

次の画面で、理由を選択するボタンが表示されます。

今回の場合は(だいたい、こんな表示だったと思います)

  • 1足目は「サイズが大きい」
  • 2足目は「破損、不具合」

を選択しました。

 

それを使い、集荷を依頼しました。

 

それまでの間に、返送する荷物を梱包します。

送られてきた時の段ボールをそのまま使います。

 

同梱されていた大きいレシートのような伝票を同梱して返送します。

(↓の中に、返送用の伝票と送り返す荷物に入れる伝票(大きいレシートみたいな書面) がセットされています。)

 

あとは確定させて、同梱されていたヤマト運輸(私の場合はここでした)の伝票に必要事項を記入しました。

f:id:chakuma2017:20191116120344j:plain

(右下の本は記載内容を隠すために置いたものです)

 

ヤマト運輸ではクロネコメンバーズに入っていますので、そこから集荷依頼をしました。

送り状伝票は段ボールに貼る位置が描かれています。

 

伝票を貼り付けます。

後は指定した日時に取りに来てもらったヤマト運輸さんに、荷物を渡し控えを受け取って完了です。

 

荷物は、着払いです。送る宅配業者はどこでもOKです。同梱されている伝票の業者を使うと簡単です。

自分でコンビニなどに持って行ってもいいし、今回のように、集荷にきてもらってもOKです。

 

総合的な感想として、便利なシステムだと思います。

ただ、結局1品も買い物しなかったのに、送受ともに送料がかからない・・という点が何となく「悪いなあ」という気がしました。

もっとも原因は商品不具合なんですけどね。

 

返送手続き直後の注文画面では、すぐに再注文の画面に移行できるようでした。

そうするべきなのっでしょうが、保留にしました。

 

不具合のある品を受け取ると正直、テンションが下がるんですよね。

ですので、少し間を置いて冷静に判断したいと思いました。まあ、次にもし再注文する場合はサイズを迷いませんし、ダイレクトに普通の注文で済みます。

 

アマゾンは結構ヘビーに利用していますが、1年に一回くらいは微妙な品にあたることはあります。どうやら今回は、その機会に遭ってしまったよう。

 

不具合と言っても小さなものだったのですが、消耗品ではないから「ま、いいか」と妥協する気にはなれませんでした。小さな引っ掛かりは後々、心理的に影響を与えますからね。

それはともかく、このようなシステムがあるのは良いと思います。特にシューズ類は店頭では商品が限られています。

また、店頭では試し履きをしたとしても、店員さんが目の前にいるから、何となく焦ってしまいます。落ち着いて判断しにくいんです。

その点、自宅でなら落ち着いて平常心で判断できますね。

注意点としては7日間を過ぎると自動的に全て請求されることです。うっかり返送忘れには気を付けましょう。

ただしアマゾンには30日返品の保証があります。ですので対象品であれば、実際はいったん請求はされてしまいますが(クレジットカード等から引き落とし)その期間であれば実質返品は可能のようです。

 

特に履物系は試着必須です。

ですので、今回のシステムはありがたいですね。

 

アマゾンプライムワードローブを利用するには、プライム会員になる必要があります。でも無料お試し期間があるので、それを利用すれば無料で試すことができますよ。

こちらから申し込み可能です。