簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代アラフィフ主婦。2級FP技能士・ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

室内ウォーキングのすすめ・自宅で簡単に運動

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20191126112317p:plain

 私は最近、新習慣を始めました。

アップルウォッチの室内ウォーキングでカウントしながらのウォーキングです。

f:id:chakuma2017:20191126112448p:plain

きっかけは最近、使い始めたアップルウォッチです。

その機能にワークアウトという項目があります。

ワークアウトのうち、これまでは「ウォーキング」を選択して活用していました。

 

この項目は、時間、距離などのカウントが自動でされる機能です。

(このほか、階段を上った回数などもカウントされます)

 

ところが最近、さすがに寒くなったり、悪天候で外に出ない日が出始めました。

このような状況で困るのは運動不足です。

 

私はこれまで、屋外に出られない日は自宅にあるトレッドミルを使っていました。 

 これはこれで価格の割に満足する使い勝手です。

ですがスタートするときには、準備が必要です。

シューズを履いたり、飲み物を用意したりと細々した準備がいります。

 

また、宅配などの来訪があると、急に出られないわけです。

また、マシンですから、それなりに気を遣います。

それで微妙に、課題を感じていました。

 

アップルウォッチのワークアウトに「室内ウォーキング」という項目があります。

 

これまで、トレッドミルで歩くことはあっても、室内でただ「歩く」ことは全く思いつきませんでした。

第一、室内は狭いですし、景色が変わりません。どのくらい歩いたかわかりにくいのでモチベーションが上がる気がしなかったのです。

 

ですがアップルウォッチの室内ウォーキングのカウントに興味を持ったので、早速歩いてみることにしました。

f:id:chakuma2017:20191126112543p:plain

初めは1キロに設定して歩いてみました。

f:id:chakuma2017:20191126112448p:plain

 

初めはたった500メートルが長く感じました。ですが500メートルを過ぎると1キロまではあっという間でした。

f:id:chakuma2017:20191126112626p:plain

翌日は2キロに設定して歩いてみました。一度に歩いたわけではなく、3回に分けて歩いてみました。

f:id:chakuma2017:20191126112655p:plain


2回目以降はイヤホンを装着して、聴きたいものを聴きながら歩いてみました。歩くだけでは負荷がかからないので、階段を昇り降りする代わりに、合間にスクワットを入れてみました。

 これを使ったり・・

 これを使ったりしています。 

 

また、部屋を行き来するついでに、気になる細々した物を片付けたりもしてみました。

こんな感じで歩いていると、荷物はいらないし、外出の準備もいりません。履物は、さすがに歩いていると足裏にダメージが来るといけないので、夫のルームシューズを借りて(滑りどめつきです)歩いてみたら、いいかんじです。

のどが乾いたらコップに水を入れて飲めばいいし、ホント、気楽です。

仕上げにはストレッチをして終了です。一回で歩き切ってもいいのですが、数回に分けて歩いてもOKだと思います。

自宅でウォーキングとは、アップルウォッチを使うまで思いもよらず、盲点でした。

もちろん、アップルウォッチがなくても、室内ウォーキングは可能です。時間で歩いてもいいし、スマホのアプリを使ってもいいし、昔ながらの万歩計を使ってもいいですね。 (これを使っていたことがあります)

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 赤 FB-731-RD

タニタ(TANITA) 3Dセンサー搭載歩数計 赤 FB-731-RD

 

 このほか、今度は合間に踏み台昇降を組み入れてもいいかなと思っています。

 

www.kurase.com

 ウォーキングは確かに屋外が理想です。

けれども季節や天候によって、臨機応変にいろんな方法で楽しめばいいですね。