簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代アラフィフ主婦。2級FP技能士・ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。

窓の結露を拭きとるおすすめ品

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20191129082126p:plain


 毎朝、窓&窓枠の結露を拭く季節になりました。

ところで窓の結露って何で拭いていますか?

古くなったタオルですか?

そうですよね。

でも、拭いても拭き残りが出てプチイライラしませんか?

今回は、窓&窓枠の結露を拭くときスパッと水滴が拭きとれるタオルを紹介します。

結論を言えば、これを今使っています。 

このタオルの何がいいかと言いますと、マイクロファイバーなのです。ただし同じマイクロファイバーでもダスター用のマイクロファイバーは、拭き残りが出ます。

おそらく毛足が短いと結露の水滴が吸収しきれないのではないかと推測します。

とにかくは、このタオルを使うと、吸収性が良いので、拭き残りが出にくいんです。

 4枚あるので、我が家の場合は、まだ本格真冬ではないので、朝1~2枚のタオルで今のところ間に合います。

 

もう少し寒くなると、一回あたり2~3枚使う感じです。

一応、窓の結露を拭く際は、下の方から拭いています。

理由は、上から拭くと下に結露が落ちるからです。

 

窓を拭いた後は、軽く洗って絞り、仕上げに洗濯機に入れて洗っています。

その日のうちに乾くので、洗い替えを余分に持たず、この4枚で間に合っています。

家が広い、結露が激しい、窓が多い・・場合はもっと枚数が必要かと思います。

 

我が家の住まいは、一応ペアガラスです。

ですが窓枠がアルミですし、さんが木材なんですよね。

だから普通に結露するし、(単ガラスの窓より少しマシですが)窓枠の木材部分まで濡れています。

 

かつて住んでいた戸建ては、樹脂サッシ&ペアガラス&水蒸気が発生しない暖房でしたので、結露はほぼ無縁でした。家を建てる時に結露対策を考えた結果です。つまり、設備さえ整っていれば結露対は可能なんです。

けれども現在は賃貸なので、そうもいきません。(暖房はエアコンなので、水蒸気の発生はしませんがそれでも結露します)

住まいの設備が完璧な結露対策がなされていない結果で結露をしても放置の結果、腐食でもさせたら、おそらく入居者負担になる可能性が大です。ですので、冬は朝から気を遣います。

というわけで、今朝も朝からこのタオルで結露を拭くところからスタートしました。