簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代アラフィフ主婦。ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。20年前&20年後の自分に向けた備忘録も兼ねて発信しています。

聴く読書・Audible(オーディブル)もう試しました?始め方と感想

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200128163834p:plain

 みなさんはもう、聴く読書を始めましたか?

 

 もう、読書はじっとり座って読む時代じゃないのかもしれません。

 

  • 寝っ転がって、目を閉じながら
  • 歩きながら
  • 走りながら
  • 料理しながら
  • お風呂に入りながら

読書の概念が変わるかも!

 

こんな風に本を読めてしまうのが

オーディオブックなんです。

実は私も、アマゾンのAudible(オーディブル)を試したのはごく最近なんです。

 

でも、最初の一冊は無料でお試しできます。

そしてお試しで読んだ一冊は期間が過ぎても、返却する必要はありません。

 

つまり一冊本をもらえるのと同じなんです。

これは利用しない理由が見当たりませんよね。

 

始め方は簡単です。

まず、アマゾンにアカウントを作ります。

↓このバナーから、 Audible(オーディブル)の申し込みできます。

登録が済んだら、好きな本を選びます。

 

次に、端末にAudibleのアプリをインストールします。

アプリは

  • iPhoneやiPadならApp Store
  • アンドロイド端末ならGoogle Play Store

「オーディブル」検索してインストールします。

 

あとは選んだ本を早速聴いていきます。

 

私は端末の読み上げ機能で十分だと思っていました。

ですが実際にAudible(オーディブル)で聴いてみると、プロが読み上げているので、スッと頭に入ってきます。

 

だから読みにくい本には適しています。

 

それからメリットがもうひとつあります。

普通に買えば、正直Audible(オーディブル)は高いです。普通に買うと一冊3000円以上するものが多いです。

 

ところがAudible(オーディブル)の会員になって買えば、おそらく一律1,500円で買えます。

会員になれば一般書籍と同じくらいですね。

全作品が1500円で買えるのかは未確認です。各商品にAudible会員価格も記載されているので、購入ボタンを押す前に必ず確認してくださいね。

一応、高い本ほどお得ということですね。

例えば・・

 

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

↑ この本は定価は4000円(Audible価格)です。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 作者:岸見 一郎,古賀 史健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 ↑この本は(Audible価格)3,000円です。 

 

 

抑揚があると意味が頭に入りやすいですね。

端末の音声が読み上げているより、はるかに聴きやすいです。

 

とりあえず最初の一冊は無料なので、試して損はありません。

私が買ったのはこれなのですが、

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

  • 作者:岸見 一郎,古賀 史健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 Audible向けの作品です。

こういう作品って、奥が深すぎるので、一回読んだだけでは何か読み逃しがある気がするんですよね。

ですので、耳で聴くというのは理に適っていると思います。

ウォーキングの時には、これを使い聴いています。 

 

www.kurase.com

 

自宅ではこれを使って聴いています。

 

 

シャープ ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー bluetooth対応 本体約88g軽量設計 AN-SS1-W

シャープ ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー bluetooth対応 本体約88g軽量設計 AN-SS1-W

  • 出版社/メーカー: シャープ(SHARP)
  • 発売日: 2018/11/17
  • メディア: エレクトロニクス
 

オーディブルを まだ体験していないなら、ぜひどうぞ。