簡単に暮らせ

ミニマリスト志向50代主婦ちゃくまのブログ。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。20年前&20年後の自分に向けた備忘録も兼ねて発信しています。

「ソファで寝落ち」しなくなったあるきっかけと理由

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200130204537p:plain


私は約2年前まで、しょっちゅう

「ソファで寝落ち」

してました。

 

そして夫から、鬼のような形相で起こされていました。

 

当時内心、こう思ってました。

「何をそんなに怒るの?」

と。

 

夫が言うには、ソファの寝落ちは

「だらしない」

らしいです。

 

ところがあることをきっかけに、私は「寝落ち」を一切しなくなったのです。

そのきかっけとは・・

 

引っ越しです。

 

引っ越しを機に、ソファを処分したんです。

で、引っ越し後は、ソファを買い替えることもありませんでした。

 

結果として、寝っ転がる場所がありません。

なので椅子に座る事にも疲れたら、ベッドで横になるしかありません。

 

さらに今は22時には寝ることにしています。

なので寝落ちはありえないんです。

 

日中、疲れたり眠くなったらタイマーセットをした上で10分だけ眠ることがあります。

実際は眠るわけではなく、目を閉じているだけです。

 

一説によると、午後に20分程度の昼寝は良いらしいです。

私の場合、20分経過してしまうと完全に眠ってしまいます。

 

知らないうちにタイマーをストップしてしまいます。

結果、寝すぎることになります。

 

そういうこともあるので、完全に寝入る前の10分でストップがちょうどいいようです。

 

 

健康面においても、睡眠は最重要みたいです。

考えてみれば、ソファをなくしてから、いろいろ半強制的に改善されたことがあります。

 

一つは、今回お話した「ソファで寝落ち」がなくなったことです。

ソファで寝落ちしないと、睡眠の質がアップします。

結果、体調も良くなります。

 

もうひとつは、姿勢がよくなることです。

我が家では引っ越しを機に、ソファのほか背もたれ付きの椅子もほぼ座っていません。

 

普段、起きている間9割は、スツールに座っています。

すると腹筋で上半身を支えるしかありません。

 

結果として、おなかは腹筋が割れます。

出先で背もたれのない椅子に座っても、全く疲れません。

 

猫背対策にもなります。

以前、私はひどい猫背だったんです。

 

でも今は、ほぼ猫背は解消しました。

完璧に良い姿勢とまではいかないと思いますが、

「姿勢の良さでは120%の夫」

に私の姿勢を聞いてみました。

 

夫から見ても今は私の猫背はほとんど気にならないそうです。

実際に鏡を見ると、若干「巻き肩」の名残がある気がしています。

 

ときどき肩甲骨を回したり、腕を回す動作を合間に追加してさらに改善中です。

 

 

我が家の場合は、ソファを置かないことで、メリットがいろいろありました。