簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

無印良品、敏感肌用乳液、「しっとり」と「高保湿」の違いをレビューします。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200204092610j:plain

今回は、無印良品の敏感肌用乳液について実際に使った感想を紹介します。

 

無印の乳液って、

  • 一般肌用
  • 敏感肌用

の2種類あるんですよね。

で、私はそのうち、敏感肌用を選びました。

 

で、今度はさらに敏感肌用も保湿の程度により3種類あります。

  • さっぱり
  • しっとり
  • 高保湿

です。

 

初めて使った時、

しっとり?

それとも

高保湿?

で迷いました。

はじめにまずは「しっとり」の小さいサイズを買って試しました。

 

しばらく使った感想ですが、「しっとり」の使い心地は気に入りました

ただし、アラフィフには保湿が足りない様です。

 

具体的には、それまで使っていた他メーカーの乳液の場合、目元の乾燥は気になりませんでした。ところが無印の敏感肌用しっとりを使うと、翌朝何となく目元がシワっぽくなるんです。ちょっとショックでした。

でも、使いごこちはいいので、従来の乳液は夜使い、無印のしっとりは朝使うような感じで様子を見ました。

で、「しっとりでは私には保湿が不足するようだ。」とわかったので、次回は敏感肌用の高保湿の普通サイズを買いました。

結論を言えば、こちらに落ち着きました。

 

「小さいトラベルサイズじゃなくても大丈夫だろう。」

と判断ですね。

それが今回紹介している乳液です。

この乳液は出口が小さくて雑菌が入り込みにくそうな構造です。

f:id:chakuma2017:20200204100056j:plain

 

フタに「高保湿」と書いてあるから間違えないですね。

f:id:chakuma2017:20200204100209j:plain

本体には目盛りがついています。

この目盛りは使い道があるのかいまいち不明だけど。

f:id:chakuma2017:20200204100314j:plain

材料の水は、国内岩手県釜石の天然水らしいです。

f:id:chakuma2017:20200204100400j:plain

肌に塗るものだから、原料の出どころがはっきりしているのはいいですね。

で、実際に肌に塗った感想です。

 

高保湿を使ったら、目元の乾燥も気になりませんでした。

しっかり保湿されてシワっぽくなりません。

 

やっぱり「しっとり」と「高保湿」は違います。

しっとりするけど、ベタベタがないので使い心地がいいです。

メイクののりも問題なしです。

 

乳液が良かったので、今度は化粧水も試してみたい。

 

ちなみにですが、無印を通販で買うなら直接サイトで買わずにロハコを経由するとお得ですよ。画面もこっちの方が見やすいですね。→無印良品を買うならロハコ経由が断然トク!