簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

デジタルデトックス・スマホのホーム画面をスッキリしました。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200206130836p:plain

スマホを使う時間を制限するために、アプリを整理しました。

 貴重な時間をスマホに奪われない工夫

例えば朝、天気をチェックしようと思っただけなのに、いろんなアプリのアイコンが目に入ります。

すると本来、一番頭がクリアな時間帯に「あとからでもいい情報」をついついタップして見てしまいます。

 

こういう行動って一見「情報を収集しようとする有意義な行動」に思えます。

でも本当にそうなんでしょうか。

 スマホを使うほど企業に利益が出る

最近知った話によると、実はスマホを作っている企業は、私たちができるだけスマホから離れられなくなるような仕掛けを施しているといいます。

なぜかというと、私たちがスマホを使えば使うほど広告収入などを得られるから、というわけです。

 

なので意識してスマホと距離と置く努力をしないと、

「どんどん貴重な時間がスマホに奪われてしまう」

というわけです。

 忙しさの原因はスマホ

実際最近、妙に忙しいと思ったことはありませんか?

その原因として、「無用な情報を過剰に受け取っている可能性」が指摘されています。

 

こういう状態が重なるとことで何が困るかと言えば、それは主体性が失われることなのです。

例えば、初めての場所に行くには、地図を読みこなさなくてもアプリの指示通りに動けばいい。確かに便利ですが、そうすると知識と経験や勘を働かせて目的地にたどり着くといった能力までもがそがれてしまいます。

自分で調べたり考えたりしなくてもスマホで表示されたことを信じた場合、楽ですが状況にあわせて判断する「臨機応変」という人間の能力も危うくなります。

 スマホのアプリを削除する

というわけで、これらを回避するために、早速誰でもできることがあります。

それはスマホのアプリを削除することです。

 

無理な場合は画面ごとにくぎってもいい

例えば私が使っているiPhone7の場合、いつの間にか1画面目からアプリを入れられないようになっています。

最近の通知や良く使っているアプリが表示されるシステムです。

正直言って、これは大きなお世話なんです。

 

まあ仕方ないので、2画目がホーム画面になります。ここにはいろんなアプリを表示してました。

整理した結果、本当に必要なアプリはこれでだけでOKです。

f:id:chakuma2017:20200206132315p:plain

2画面目、3画面目にそれ以外のアプリを配しているので、まだ完全ではありませんが以前よりはるかにましになりました。

続いてタブレット(iPad)も整理しようと思います。

 

原則として午前中は、この画面に並んだアプリしか触らないようにします。

一応メールアプリが2個ありますが、これも基本午前中は開かない事にします。

 さいごに

画面を使用する時間で区切ることにします。

この位意識しないと、スマホに中毒化されてしまいます。

 

アップルウォッチも持っていますが、装着は室内運動と外出時だけに限定しています。

「使うけれど使われない」

道具は便利ですが、主体性だけは手放さないのがスマホその他を扱う秘訣ですね。

 

では、また。

 

おすすめ記事

www.kurase.com