簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代アラフィフ主婦。ミニマリスト志向。シンプル、合理的に。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。20年前&20年後の自分に向けた備忘録も兼ねて発信しています。

値段を見ない買い物でも予算オーバーしない理由

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200211101706p:plain

最近は買い物するとき値段をほとんど見ていない事に気付きました。

  • スーパーで食品を買うとき。
  • 書店で本を買うとき。

さすがに服や雑貨類は値段をみますが、だいたい、上記の2か所では値段を見ないでレジに並んでいます。

 定番を決める

それでも予算オーバーにはならないんです。

例えばスーパーで食品を買う場合ですが、買うものはだいたい決まっています

 

それぞれの値段もほぼ同じです。

細かい値段の上下はあるけれど、気にしないで同じものを買います。

 

すると値段を見て細かく買うものを変えるよりも、短時間で買い物ができるし平均では適正な価格になります。

 

 例えば定番の例は(これはネットスーパー買いだけど)これ。

 食器洗い洗剤はこれ。

(詰め替えは買わないで本体だけ。)

 

花王 キュキュット クリア除菌 本体 240ml

花王 キュキュット クリア除菌 本体 240ml

  • 出版社/メーカー: 花王
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 洗濯洗剤は扱いやすい小さい方のこれ。詰め替えは買わないで本体だけ。

アタック ZERO(ゼロ) 洗濯洗剤 液体 本体 400g (衣類よみがえる「ゼロ洗浄」へ)
 

 

もちろん、果物、野菜は実際の品質によって選ぶものが変わることもありますが、だいたい同じものをえらびます。

細かい価格変動はあまり気にしないで買います。 

 本はケチらない

本は基本的にケチらない方針です。

それでも数年前よりも購入金額の総額は減っています。

 

子育て世代だったころは子供関連の書籍も随分買いました。

今はそれが皆無です。

結果としてその分、支出が減っています。 

 

また、長い間実際にお金を出して本を買うことをした結果、自分なりの買う買わないの基準が定まったということもあります。

毎年、年間の書籍購入金額を集計すると不思議にほぼ同じくらいになります。ですので値段を理由に「買うか買わないか」にエネルギーを使わないことにしています。

 支払いはデビットカード経由のモバイルSuicaで時短

支払は基本的にデビットカード経由でモバイルSuicaです。

キャッスレスだけではなくサインも暗証番号もスマホを立ち上げる手間も要りません

 

家を出る前におよその予算をチャージします。

足りないことがないように、いくらか余裕を持たせてチャージします。

 買うモノ、買わないモノを決めて衝動買いストップ

余裕を持たせると

「気が大きくなってムダな買い物や衝動買いするのではないか?」と心配するかもしれませんね。

この点は買うモノと買わないモノの線引きがあるので、極端な例外はありません。

 

例えば砂糖を大量に使ったお菓子は食べないと決めています。

とはいえ、家族にそれを強いるのはムリです。

 

ですのでお菓子は家族向けに必要量を買いますが、だいたい外れのない定番のお菓子しか買いません。

 

例えば家族用のお菓子はこれ。 

明治  明治ブラックチョコレートBOX  120g×6箱

明治 明治ブラックチョコレートBOX 120g×6箱

  • 発売日: 2016/09/13
  • メディア: 食品&飲料
 

 これとか。

 

 

新製品とか美味しいか美味しくないかわからないようなものは買いません。

 

私向けのお菓子は、せんべいと食パンです。

 

 例えば定番はこれ。

立正堂 純米せんべい 20枚入×6袋

立正堂 純米せんべい 20枚入×6袋

  • メディア: 食品&飲料
 

これらの品はネットスーパーで買うことも多いのですが、買うものを決めてあると買い物時間が短縮できます。

 

予算もオーバーしないし、衝動買いもなくなります。

 

だいたい衝動買いは、買うものを決めていないから起きます。

その時のお腹の空き具合とか気分に左右されます。

 

結果として予算を気にかけないといけません。

ですが定番を決めてそれだけを淡々と買えば余計な衝動に踊らされないですよ。

 「もっといいモノ探し」をしない

こんな買い方をしている私ですが、以前は違いました。

第一、買い物に時間がかかっていました。

 

同時に買い物の度に「もっといいものがないかな?」と違うものを探し求めていました。

洗剤やシャンプーは詰め替えを選んでは、詰め替えが面倒でプチストレスを抱えました。

 

今はこうした無駄な行動は全てカットしました。

おかげでノンストレスです。

さいごに

一見、こういう買い物は割高になると思われています。

でも実際にやってみるとわかりますが、じっくり考えても定番を淡々と買っても支出のトータルは大差ないんです。

 

むしろ淡々と定番を買う方がコストは低いかも。

 

節約のためと思った行動が実はムダを産んでいることがあるんですよbね。

これからも、こうした思い込みはどんどんやめて行きたいものです。

 

ごきげんよう。