簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

自律神経を整えることを意識して暮らす習慣

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200212142510p:plain

こんなことありませんか?

せかせかしたり、イライラしたり、早口でまくし立てたり、効率を上げるつもりで複数のことを同時進行させるマルチタスク的な行動をとってしまう日常です。

このような習慣は自律神経に影響をあたえます。

最近、注意しているのは、自律神経を整えつつ暮らすことです。

自立神経とは

自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という2つの系からなる。

出典: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

 普段、自律神経と言われても見えるものでもないし、今すぐ何がどうというものでもないですよね。

でも確実に私たちの体を支えているし、いわゆる心の状態にも体にも影響を与えているようです。

www.kurase.com

 ところがついつい、私たちがやってしまうのは自律神経にはあまり良くないことなんです。

 

これらを排除するコツは姿勢をよくすることと、ゆったり向き合うことのようです。

 

www.kurase.com

 

そこでけっこう、「いいな」と思った朝の行動はラジオ体操です。

私はラジオ体操を日課にしています。でもずっとエアラジオで自分のペースで運動していたんです。

ところが先日、たまたま動画でラジオ体操を久々に開いてみたんですね。そうしたら、自分のラジオ体操は随分ペースが速いと気付いたんです。

それで今は、エアラジオじゃなくて、動画を開いてそれに合わせるようにしました。動画を開くと気が付きますが、ピアノの伴奏もかなりスローです。

朝にこのくらいのゆったりしたペースでスタートする朝は、自律神経を整えるきっかけにもなりそうです。ラジオ体操そのもののメリットもあるのですが、同時に自律神経を整える体操でもあるのではと思います。

さらに日中は先日、ウォーキング時にたまたま猫を見かけました。

それまで早く歩くことを意識していたウォーキングですが、たまにこういうペースも必要だし、「何をそんなに急ぐ必要があるんだろう?」と思ったんですね。

同時に、昼寝していた猫は本当にしあわせそうで、

「しあわせには何にもいらないんだな。」

と思えたんですね。

 

www.kurase.com

 

そしてたまたま楽天で買い物をしていたのですが、このときも・・

通販に限らずセールって、ついついムダに興奮しがちですよね。

そしてセール開始を待ち構えたり、限定の品だったりすると少ない品をめぐって競争に血眼になったり。

よくよく考えればそこまでして得られる見返りはたいして大きくないのです。

同時に、競争してまで獲得したそれは、競争するほど「いいものなのだ」と思い込んでしまうワナがあります。

競争自体は必要なこともあるでしょう。

でも、買い物は基本的に今の時代、競争してまで買いに値するものは多くありません。

 

そしてこれらに血眼になる行動は、どれも自律神経を乱れさせます。

風邪やインフルエンザは病気だとはっきりわかります。けれども自律神経の乱れは見えません。だからやっかいなのです。

でも普段から意識するだけでも全然違います。

何だかペースが早いなと思ったらゆったりした音楽をかけたり、お茶を飲んで一息ついたり、とにかくセカセカしないことを意識するように暮らしていきます。