簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

入学式と卒業式に母親が着るスーツを1着で済ませるおすすめ・あると重宝する物を紹介

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200220163933j:plain

今回は、子供の入学式や卒業式に、付き添いで着ていく母親の服と、あると重宝する物についての話をします。 

入学式と卒業式、付き添いの母親が着るスーツは1着で済ませました

子どもが幼稚園や小学校中学校などでの入卒業式は、「やっとここまで」と感慨深い反面、「さて、何を着て行こうかな。」という服のお悩みが必須です。

さらには卒業式と入学式が近いので、知っている人と顔を合わせることもあります。2回続けて違う服を着たほうがいいのか。それとも同じで良いのか。悩むところだと思います。

私は息子がいます。最近、社会人になりました。ここに至るまで、実は子供が幼稚園から高校入学までは、ずっと一着の同じスーツで通しました。

最初にそのスーツを買ったのは、息子が幼稚園に入園するときです。当時は当然、近所に親しいママ友さんもいましたし、他にも顔見知りも多数いました。

以後小学校からは引っ越しを経験したので、環境が違う経験をしました。基本的に我が家の場合はそれほど服装に厳格な環境ではなかったものの、「同じスーツを着る」ことに関しては特に「恥ずかしい」とか「行事ごとに違うスーツを着る」いうような気持は全くありませんでした。当然のように同じスーツで通しました。

その代り、最初にスーツを選ぶとき、卒業(園)と入学(園)の特徴が強い服や印象に残る服を選ばないようにしました。当時、選んだのは、こんな感じのスーツです。

 


 

 いわゆるお受験スーツ的デザインと言えば、イメージが伝わるでしょうか。こういう世界に、親がトレンドを主張するのはないのと同様に、一般的な行事も親がトレンドを意識しすぎる必要はないんですよね。

色は濃紺、デザインは流行に無関係なものを選ぶ

 ポイントは

  • 濃紺
  • 上品で常識的であるデザイン
  • 母親のファッションより子供の黒子になれるデザイン

です。

子どもの付き添いとしてのスーツも、一般的には当然、流行があります。また、「卒業式は黒っぽいスーツを着て、入学式は白っぽいスーツを着る」というような区別をする方もいらっしゃいます。

ですが私は、わざわざ日程が近い時期に2着のスーツを区別する必要性を感じませんでした。ですので、「どちらにも対応できるスーツの色は濃紺」という選択をしました。

 

私が実際に選んだ当時のスーツのポイントは次の通りです。

1 色は濃紺

2 胸元は詰まっているもの(ブラウスを着なくて良いもの)

3  シンプルでスッキリしたデザインのもの

 黒と濃紺の選択には注意しよう

入学式や卒業式の付き添いに、黒や白といった色を選んでしまうと、着るシーズンが限られます。

次に、黒と濃紺についての区別についてです。これはお子さんが通っている学校または幼稚園にもよるのですが、キリスト教系の幼稚園や学校の場合、本来、黒はNGのケースがあります。

もっとも、この辺はそれほど厳格でない場合もあると思いますので、ケースバイケースですし、地域の習慣もあるでしょう。遠目では黒に見えても実は濃紺を着ていたということもあるので、この辺は注意が必要です。

我が家の場合は、とくにそうした厳格な色の区別のある教育機関に入学(入園)しませんでした。ですのでこの辺は問題ありませんでしたが、知らないと困ったことになるケースもあるので確認しておいたほうがいいでしょう。

反対に、本来の「常識」とは全く別に地域の慣習が勝るケースもあります。例えば、卒業式(卒園式)で礼服(フォーマルの黒)一択の地域もあるようです。この場合はたとえ間違ってはいなくても濃紺でも浮いてしまうでしょうから、事前のリサーチをしておいたほうがいいですね。

母親は子供の黒子であることを念頭に置く

次に入学式や入園式ですが、「できるだけ明るい色でお祝いする気持ちを表したい」という考えの方もいらっしゃると思います。けれども、私は黒子に徹するつもりなので卒園式も入園式も濃紺1択で良い考えでした。

通常は、卒業式、入学式で濃紺がNGということはまずありません。ただし最近のスーツ売り場で売られている服に濃紺よりフォーマルではない黒いスーツが多いようです。

息子が幼稚園入園時にスーツを買った頃は、まだ濃紺のスーツは健在でした。ですので気がつけば、子供の入園式から高校の入学式まで、かなりの期間にわたって1着のスーツを着通しました。その間、七五三にもにもそのスーツを着ていきました。

濃紺は人の感情を揺さぶらない

気になるのは、体型の変化だと思いますが、ウェスト部分にゴムが入っていましたので、特に問題なく着ることができました。

行事の度に、その都度、変わった色を着ていると、周りの人に覚えられてしまいますが、濃厚だと記憶に残ることはありません。仮に覚えている人がいたとしても、濃紺を着ていて、相手の感情を揺り動かすようなこともありません。

スーツにブラウスが必要か否かは好みで判断

母親が着るスーツは、私の場合ブラウスを中に着る必要がないスーツを選びました。これは考え方次第なのですが、

  • ブラウスを着るデザイン・・スーツの汗対策&気分転換&見た目の印象をブラウスで替えやすい
  • ブラウスを着なくて済むデザイン・・ブラウスを買う必要がない

という考え方がそれぞれあります。

ブラウスもいざ買うとそれなりにお値段もしますし、別途スーツに合わせてブラウスだけ買おうと思っても、意外と別々に買うと雰囲気が違って難しいことがあります。

私は結局、「ブラウスを着る必要がないデザイン」を選びました。結果ブラウスの心配をする必要がなくてよかったです。そのかわり、当たり前ですが、行事が終わったらすぐにクリーニングに出しました。行事で着るのは頻度が少ないので、汚れと言ってもたいしたことはありません。

いっぽうで、同じスーツでもブラウスを変えれば、ガラリと印象を変えるという戦略もアリだと思います。

 子どもの付き添いに必要なこと

子供の付き添いとして重要な事は、過度なおしゃれをする必要ないと言うことです。要は「あの人何?」と、特異な目で見られるような服装さえしていなければいいのです。

「常識的で、母親として普通に暮らしてます。」ということが客観的にわかればいいのです。

どうしても華やかなイメージを与えたいのであれば、コサージュやブローチなどをつける程度で良いのではないでしょうか。

 行事の手荷物をまとめるサブバッグがあると重宝

また、意外と忘れやすいのは手荷物のことです。入学式卒業式、いずれも荷物をたくさん受け取ります。また、子供の荷物もたくさんあります。

ですので、荷物をひとくくりに入れることができる、ちょっと大きめのナイロンバックのようなものがあると重宝します。色はやはり濃紺がおすすめです。学期末などにひとまとめにするのに重宝します。


 

 

学校に出向く際のスリッパ入れや、書類入れのサブバッグを用意しておくとかなり便利です。私が当時持っていた物はこんな感じのサブバッグです。


 

  雨の日対策を念頭に

また、意外と忘れやすいのは雨の日の対策です。あまりいないのかもしれませんが、予想外に雨が降って服が濡れたり寒かったりするとほんとに慌てます。こうしたときのためにきちんとした服にも羽織ることができるレインコートなどが1着あると慌てません。


 

 父親のスリッパを忘れない

また、母親のスリッパは忘れないのですが、父親のスリッパを適当に用意しがちです。子供がいれば、必ず学校には何回か行きますから、学校用のスリッパをきちんと用意しておくと安心です。


 

我が家の場合は、私のものはその辺で適当に買った折りたたみ式のスリッパというか、履物でしたが、(女性用は見つかりやすい)夫のスリッパは、お受験用のお店からシンプルな濃紺のスリッパを買いました。買ったのはこちらのショップさんからです。

 

 

 

 おすすめ記事

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com