簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

【花粉症対策】シャープ空気清浄機のフィルターを交換

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今回は、空気清浄機のフィルターを交換しました。

我が家には二台の空気清浄機があります。

f:id:chakuma2017:20200222090217j:plain

1台はかなり前に買った空気清浄機で(左)、「フィルターは10年交換不要」というものです。もう一台(右)は2年おきに交換するタイプです。

もちろん使っている間には、掃除機をかけたり洗って干したりの手間は必要です。過去に1回交換しました。

 

左・リビング用 

右・寝室用(今回フィルター交換したもの)

 

余談ですが購入時の価格は

左・右=2:1

位の価格差がありました。

 

実際に使っていて、何が違うのかは正直よくわかりません。ただ、今回たまたま冒頭の写真を撮るために二台を並べました。

すると、左はセンサーが黄色に変わっているのに対して、右の少し安い方は緑のままで反応していません。(上記画像)

やはり値段なりの性能の差はあるのかもしれませんね。

 

今回、フィルター交換するもの(右)は二台目に買った空気清浄機です。これはフィルターは1種類だけで、2年を機に交換が必要というものです。

ただ、実際に使ってみると、2年に1回だけ交換するフィルターの方が、気分的に楽です。

途中、掃除機をかけたり、洗って干したりという手間は必要なのですが、実際のところ忘れがちなんです。ですので、10年交換不要というフィルターは、結局5年使ったところで一回フィルターを買い替えました。(左)

 

それでは、今回の様子を紹介します。この空気清浄機のフィルターは1枚だけのタイプなので楽です。

まず、後ろのパネルを外します。

f:id:chakuma2017:20200222091102j:plain

新しいフィルターはビニール袋に入っていますので、忘れずこのビニールを外します。

f:id:chakuma2017:20200222091228j:plain

次に古いほうのフィルターを外します。この時内部が汚れていたりほこりが入り込んでいる場合は掃除をします。今回は特に気になりませんでしたので、そのまま新しいフィルターを入れます。

f:id:chakuma2017:20200222091037j:plain

 

そして取り付ける向きに注意をして新しいフィルターをセットします。

f:id:chakuma2017:20200222091147j:plain

後は外側のピーターのパネルをもとに戻して完了です。

簡単ですね。できるだけこのようにアマゾンから購入すると。購入時期をすぐ確認することができるので便利です。

まもなく花粉が本格的に飛ぶ季節になります。このタイミングでフィルターを交換すると効率が良いですね。

 

また、1日着て、なんとなく汗っぽくなった洋服もこの上に1番つるしておくとはそれなりにスッキリします。

夫や飲み会で着て着たスーツやコートを吊るしておくと、翌朝はにおいが飛んでいます。(「強」で作動させれば短時間で終了します。上記、左のほうは「シャワー」機能が在るので1時間ほど強制的に強く作動させることもできます。)

今の時期のように人を1日1回、着ただけでは洗わないようなニットとか、いろいろな雑菌が気になる時は、コートなどを1番つるしておくと安心です。

我が家では、基本的に窓やカーテンを開け放っている環境にありませんです。なので、空気清浄機二台はフル回転です。実はもう1台買いたそうかなと思う位です。

古いほうの空気清浄機も10年経過しましたし、新しいタイプのカプセル型は、古いタイプの覚醒時とどのくらい違うのか分かりませんがちょっと気になるところです。

 

 類似の現行品はこちら↓

我が家にあるプラズマクラスター7000タイプです。手ごろですね。

 

↓ こちらはプラズマクラスター25000でこの価格・・はお値打ち


 

どちらも数年前購入時と比べて性能アップしながらお値段は買いやすくなっていますね。我が家では今回、フィルター交換でしのぎましたが、もう一台の方は買い替えの方がいいのかも。