簡単に暮らせ

ミニマリスト志向50代主婦ちゃくまのブログ。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。20年前&20年後の自分に向けた備忘録も兼ねて発信しています。

インフルエンザや風邪流行の時期に以前から気を付けていた習慣

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今回の騒動で外出を控える動きが出てますが・・毎年インフルエンザがまん延する期間や、普段の行動でひそかに私にとっては当たり前だった行動が、常識として大手を振って実践できるようになったという皮肉があります。

例えばその筆頭はジェットタオルの使用禁止です。トイレに設置してあるジェットタオルは、ちょっと想像しただけで不衛生極まりないことがわかります。

だから私は絶対にジェットタオルを使いませんでした。必ずマイハンカチを持参していました。もちろん、ハンカチも2回目以降は衛生面が微妙です。けれども不特定多数の人が使ったものに比べれば何万倍もマシです。ハンカチを忘れたらティッシュで拭いていました。

ところが今回のコロナで、ジェットタオルはたとえ使わなくても菌をまき散らしていると知り驚いています。

でも以前は「ジェットタオルを使いません」と言おうものなら「神経質」の声が聞こえそう。だから黙って実践していました。もちろん家族にも強要など一切しません。でも一応「私はジェットタオルを使わないよ」とだけは言ってました。

それからインフルエンザや風邪が流行する時期の外出自粛は、私にとっては当たり前の習慣でした。

この時期の買い物はネットスーパーと通販利用をして、それ以外の買い出しは開店直後の人が少ない時間帯を狙って猛ダッシュで買い物して、さっさと帰宅していました。

帰宅したら玄関の外でほこりを払い、手洗い、うがい、髪の毛も軽く濡らしたタオルで拭いて表面の衣類は着替え。

夫のスーツは洗わないから玄関でブラシをかけ、空気清浄機をしばらく作動させておく。

そして帰宅したら、買ったものは全て除菌ウェットティッシュで拭いて冷蔵庫へ。

桜の咲く時期はそもそも花粉症がピークになるし、例年のどの調子が不調になるから家から出ませんでした。

桜の咲く時期にウォーキングだけでも出るようになったのは、ここ3年くらいなのです。

これらの習慣を、もし公言しようものなら、笑ったり眉をひそめる人はいたことでしょう。けれどもそのくらい徹底しないと、花粉症や季節性ののどの不調で苦しい思いをしたからこそ予防を徹底していたんです。

誰も好き好んで、めんどうなことをやっているわけではないんですよね。私ももっと、こういうことを気にしないで暮らしたい。

だけどその結果、もっと大変なことになるのは家族であり、自分なんですよね。

目に見えないからと油断せず、出来ることを実践することが大事かと思いますね。特に子供は親の行動に左右されます。

さらには例えば、大事なお子さんが大変な目に遭わないためにも、今の時期が多少不自由でも大人である親がガマンし時だと思いますね。

様々な情報が目に入る中で、これだけの事態になっていても危機感がなさすぎの場があるようです。そういうときは、場の空気を読むよりも、子の命を優先するがために勇気を持って堂々と欠席する事ではないかと思いますね。角が立つのが心配なら「ウソも方便」です。適当な理由を言えばいい。

 

それからスーパーに買い物に行くときには、「行きたい店」ではなく「空いている店」優先にしています。

一方で大規模スーパーは必ず混雑しています。確かに値段が割安だったり、品数が豊富で買い物していてかゆいところに手が届きます。

けれども今、優先すべきは感染しないこと。だから割高で品ぞろえが少なくても空いているお店で買い物します。それもできるだけ短時間で。

値段は割高ですが、それで感染する確率を下げることができれば安いものです。

 

おすすめ記事

www.kurase.com

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com

 

 

www.kurase.com