簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

ドラマを観る3つのメリット

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

 

自宅にいる時間が増えたので、屋内で楽しめる娯楽を活用したいですね。

そこでお勧めしたいのはAmazonプライムビデオです。

 小説もいいけど映像のあるドラマは魅力的

私は読書も好きですが、実は小説ってあまり読みません。

一応、ものすごく集中して一気にいろんな小説を読む時期は不定期に訪れます。

過去には、そういう期間を活用して、何らかの小説は読んできました。

けれども基本的に小説はあまり読みません。

その代わりドラマは大好きで、けっこう見ています。

(↓ こちらから無料お試し体験ができます)

と言ってもドラマも時期により全く観ない期間があれば、集中して次々見る期間もあります。目安としては季節の良い時期は何か月も見ませんが、秋から冬は割と見ることが多いです。

作品にもよりますが、ドラマは制作費用が多い作品はスケールも大きいです。日本のドラマは残念ながら縮小気味ですが、海外のドラマはスゴイ製作費で作られているものが多いです。

もちろん、コストと作品の出来の良しあしは必ずしも同じではありませんが、そうはいってもやはり製作費の違いによる密度の差は大きい傾向にあります。

 

例えば今のような時期は、屋外に出ない時、ランニングマシンで歩きながらドラマを観ています。

ドラマを観るのは、単に楽しいからですが、私にとっては3つのメリットがあるんです。もちろん、初めからメリットを意識していたわけではありません。

あらためて考えてみたんです。

「そういえば、私はどうしてドラマを観るんだろう?」と。

答えはすぐに出ました。

1 多様な価値観や世界観に触れられる

それは、第一に多様な価値観や世界観に触れられるからです。

普段の生活は当然ですが、私という1人の人間の人生しか歩む事ができません。

それに対してドラマは複数の人生を疑似体験できます。

映画も同様ですが、2~3時間なので没頭するには短く感じて物足りないのです。

一方でドラマは話数にもよりますが、もっと長い期間疑似体験ができます。

すると

  • 性別
  • 時代
  • 地域
  • 身分

など様々な立場に置かれた人の生き様を知ることができます。そこで初めてこれまで知り得なかった価値観や世界観に触れるわけです。同時に、その環境に置かれたが故の思考の違いも垣間見ることができます。

(↓ こちらから無料お試し体験ができます)

世の中は様々な争い事やもめ事が大小行われています。それらは正しいとか正しくないという白黒はっきりしたものじゃなくて、その人が置かれた立場から湧き出ている価値観のようなものもあるわけです。

それが自分にとっては不利益があると感じることはあるわけですが、違いがあって当然という現実をお互いに認め合うことがスタートなんだと痛感します。認め合うことは全てイエスということではありません。どうしても譲れない点はあるけれど妥協点を探すことはできるわけです。

そういう割り切りのような価値観も、ドラマを観ることで疑似体験することができます。この時ばかりは、あえて受け身で目の前に起きているストーリーをひたすら追います。初めはよくわからなかった価値観も、見ているうちに事情が分かることもあるし、どうしても共感できない事もあります。

そういうときは、なぜ、なにがそう感じさせたのか?そういう思いを自問することで、自分の価値観や考え方のクセのような物を客観視することもできます。

 2 映像があるからできる内容に集中できる

もちろん小説でも同じことはできますが、ドラマは映像がある分、目の保養になるし、目が疲れる、読むという労力が要らない分、目の前に起きている現象に集中することができるのです。

受け身で楽に見ることができるドラマは、メリットがないと思う場合もあるかもしれません。確かに右から左へ受け流すだけである程度楽しめてしまうドラマは、そんな側面もあるかもしれません。けれども私は先ほど挙げた理由の通り、そうは思いません。

もちろんドラマを観る手段は何でもいいのですが、やはりAmazonプライムビデオが低コストで一気見できるので、集中して観るには都合がいいですね。

以前は完全無料のGyo!を活用していた時期もありました。だけどこちらは配信のタイミングを追わないといけないので、結構忙しくなります。Amazonプライム会員になる予定がない方は無料なのはいいですけどね。

3 スケールの大きい価値観を知りストレス解消になる

外出しにくい時期を「つまらない」となげくのではなく、利用してしまえばいいですね。ドラマも半端に見るのではなく、集中してその世界にのめり込んで観るのもお勧めです。

いろんな世界を疑似体験することで、小さなストレスがとんでしまうこともあります。また悩みも意外と小さいと気付くこともあります。

器の大きい登場人物の言動に触れることで、リアルではそうそう会えない大物の価値観や考えを吸収することもできます。

小さなチマチマした小競り合いのような人間関係は無意味だと気付くこともあります。

今のような時期に閉塞感を感じたときには、ドラマで広い価値観に触れることで大きな空間以上の体験をすることだって可能です。

(↓ こちらから無料お試し体験ができます)