簡単に暮らせ

ミニマリスト志向50代主婦ちゃくまのブログ。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。20年前&20年後の自分に向けた備忘録も兼ねて発信しています。

混雑回避対策・役所の混雑する窓口に行かないためにマイナンバーカードを取得してできること

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

現在はコロナの影響がありますので、マイナンバー申請は見送りましょう。

受け取りに役所へ行かなければなりませんので、申請はコロナが終焉してからにしましょう。

f:id:chakuma2017:20200408121512p:plain

今のような時世は、特に「いかに混雑や行列を回避するか」が大きな意味を持ちますよね。もちろん、それだけじゃありません。時間と手間の節約になります。

 

そこで例えば、まだ普及率がわずか14%と言われているマインナンバーカードに焦点を当ててみます。

14%という数値を聞いてどう考えますか?

 

まだみんな取得していないから、自分もそれでいい。

と思いますか?それとも、

まだみんな取得していないから、何が便利なのかを体験しておこう。

と思いますか?

 

私の場合ですが重い腰を上げてようやく取得する気になったのは、後者が理由です。

 

ある意味マイナンバーカードを取得するだけで86%の人が見過ごしているかもしれない利便性を得る気付きをえられるかもしれません。

私は昨年の秋にマイナンバーカードを取得しました。申請から約1か月で受け取りが完了しました。

 

www.kurase.com

 

結論から言うと、マイナンバーカードを取得すれば、わざわざ行政の窓口に行く頻度がかなり減らせます。

また、各種証明もマイナンバーカード一枚で済む事も多いわけです。

窓口に行かなくていいということは、今の様に人混みを避けたい時期は大助かりです。これは何も今の状況に限りませんよね。

年度末、年度初め、その他混雑期はマイナンバーカードがあれば、どんな年でも効率が良くなります。

 

例えば住民票一枚のために行政窓口に行くのは、かなり面倒ではないですか?こうした手間がマイナンバーカードがあればコンビニで都合がいい時間に取得できてしまいます。

それだけではありません。

こんなものもコンビニなどでマイナンバーカードで取得できてしまいます。

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票記載事項証明書
  • 各種税証明書
  • 戸籍証明書
  • 戸籍の附票の写し

現在、740市区町村がサービスを導入

ただし実施していない自治体もあります。確認してください

さらに取得できる時間も、土日祝祭日含む6:30~23:00なので窓口が閉まっていても受け取れますね。出勤前でもあとでも受け取れるのは嬉しいですね。

また、確定申告もマイナンバーカードがあればスムーズです。e-Taxもできます。

 

www.kurase.com

 

 

マイナンバーカードは申請から受け取りができるまでは最低1か月くらいかかりますので、家にいる期間を利用して申請してもいいですね。

通常は申請用IDがあればスマホで自撮りをしてサクッと完了します。

いっぽうで私の様にうっかり申請用IDが不明になった場合でも、写真ボックスで写真を取得して切手不要でポストに投函(普通郵便)で申し込みができます。

 

www.kurase.com

さて、実際にマイナンバーカードを取得して何か画期的な利便性の気付きを得ることができたのでしょうか?

答えはYESです。

それは確定申告でマイナンバーカードを使ったe-Taxで早速、利便性を実感しました。

近い先、住民票取得などの際も、利便性を実感すると思います。

 さいごに

時間や手間の節約は、最初の段取りや設定はちょっとだけ重い腰を上げなくてはいけません。実際私は何年もマイナンバーカード取得を放置してきました。

もちろん情報流出が不安だった点もあります。けれども国が始めた制度ですから、それを過剰に不安になっては何もできないと気付きました。

そもそも普段から、もっと不確かな民間のサービスをリスクを背負いつつ利用しています。クレジットカードが良い例です。

もちろん注意しないといけないのは当然ですが、過剰に不安になり、便利を活用しないのはもったいないと思うのです。

普及率が14%のマイナンバーカードですがボトルネックになるのは受け取りに一度、行政に出向かないといけない点ではないでしょうか。

これについては、自治体にもよりますが、私が住む自治体は受け取り日時を予約できるので混雑の心配がありませんでした。(予約はネットでも電話でもOK)

今の時期は役所に行くことは避けたいですね。受け取り可能通知が来てからおおむね3か月以内とされていますので、今から申請した場合・・

 

最初の手間さえちょっと我慢すればあとはずっと効率よく行動できます。マイナンバーカードは様々ある手法の時間と手間削減の1つですね。

コロナが終焉してから申請を検討しましょう。