簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

モヤモヤと言わない使わないだけで、たいていの事は好転する

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200506094732p:plain

最近、モヤモヤという言葉を使いましたか?

もしそうなら、今後一切、「モヤモヤ」と言わないことをおすすめします。

 

理由は簡単です。

モヤモヤという言葉は、いくら使っても何も解決しないからです。

それどころかどんどん、深みにはまります。

 

反対に、モヤモヤという言葉を一切使うのをやめれば、モヤモヤは霧が晴れるように好転します。

同時に心のモヤモヤは、なくすことが可能です。

 

 

代わりに必要なことがあります。

「モヤモヤ」を全て具体的な言葉に置き換えることです。

 

モヤモヤとは「漠然としたネガティブな心」のことです。

 

とりあえず、1枚の紙とペン用意します。

そして1番上に「モヤモヤ」と書いてください。

 

次に感じているモヤモヤの中身を、具体的に書き出します。

例えば、毎朝の食事の支度についてあなたがモヤモヤを感じているとし

ます。

 

この場合対、こんな風に言ってしまいたくなりませんか。

「食事の支度にモヤモヤする。」

 

このときもモヤモヤすると言う表現を使わないようにします。

かわりに、具体的にモヤモヤの内訳をつらつらと書いていきましょう。

  • 朝の時間が足りない
  • 眠気が残っているのに朝食の支度をするのが辛い
  • 家族全員の分の食事の支度を、自分だけがしなくていけないのが腑に落ちない
  • 朝食のメニューを考えるのが辛い

 

例えばこんなふうに、思いつくことをすべて書き出していきます。

誰に見せるものでもありませんので、とにかく思いつくままに全部書きます。

 

もう、「出てこない」と思うまで書き尽くします。

次に先程書いたことを次の2つに分類します。

 

 

  • 自分で改善可能なこと
  • 自分では改善不可能なこと

 

次に自分で改善可能なことについて注目します。

 

例えば、

「朝の眠気が残っているのに、朝食の支度支度をするのが辛い」

という原因があったとします。

 

眠気は自分の問題です。

なので自分でしか解決できません。

他人が解決することはできません。

 

この場合、例えば次のような原因が考えられます。

 

「寝るのが遅い」

とすれば、

「夜もう少し早く寝るためにはどうしたらいいか」

と考えることが改善策として見えてきます。

 

 

もう一つの例は、

「朝食のメニューを考えるのが辛い。」

とだとします。

 

考えられる方法は、例えば次のようなものがあります。

 

  • ワンパターンのメニューにする
  • 日替わりでメニューを決める
  • 前の晩に朝食を用意する

 

つまり心のモヤモヤとは、

「何らかの問題を具体的に改善しないまま放置している状態」

ともいえますね。

 

 

いっぽうで自分では解決できなモヤモヤもあります。

 

例えば

「コロナウィルスはいつ、終息するのか?」

といった問題です。

 

いっぽうで

「コロナウィルスに自分が感染しないためにできること」

は実行可能です。

 

コロナウィルスの終息を、自分が解決することはできませんが、感染しないための努力をすることはできます。

 

どんなモヤモヤであっても

  • 「自分ができること」
  • 「自分ができないこと」

の2種類しかないのです。

 

ですのでまずは、

「自分が実行可能なこと」

を徹底して実行する事から始めればいいですよね。

 

そして意地でも「モヤモヤ」という言葉を二度と口にしない、使わない事です。

 

また、モヤモヤという表現は、若い人が「ムカつく」「ヤバい」などの言葉で何でも表現してしまうことと似ています。

 

いい歳をした大人が「ムカつく」「ヤバい」というのはあまりに子供じみています。

だけど実は最近は「モヤモヤ」という表現を乱用することで、それらとたいして変わらないことをやってしまっているんです。

 

モヤモヤという言葉を使えば使うほどに、心はネガティブな思いに支配されます。

理由はその言葉を使っても、一歩も前に進めないからです。

 

それよりも重要なことがあります。

それは現状の自分を直視して逃げないことです。

 

もちろん、現実を直視した場合、どうにも自分が思う様な結果にならないこともあります。けれどもその現実は変わりません。

どのみち、現実が変わらないのですから

「だったら代わりに実行可能な対策や代替案」

を考えることはできます。

 

モヤモヤという言葉に逃げていれば、いつまでもそうした実行可能な代替案をスタートできません。

モヤモヤを捨て去れば、スタートも早くなります。

 

そのためにはモヤモヤという言葉を、全て具体的かつ現実的な言葉に全て置き換えましょう。

そうすれば、今自分が何をすべきなのか、が明るみになります。

 

おすすめ記事

 

www.kurase.com 

www.kurase.com 

www.kurase.com