簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

洋服選びの「おしりが隠れる丈」問題



こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20210416081522p:plain

はじめに

今回は、女性の洋服選びの際「お尻がかくれる丈」についてのジレンマに関する話と解決策を書いています。洋服選びの参考にしていただければ嬉しいです。

レディースアウターは丈が短め

暖かくなってくると、コートを着なくなるために、アウターやトップス選びで迷い悩み始めます。例えば私は先日、春先の羽織として、薄手のナイロンパーカーを買いました。

ところが丈が短いので、実際に着た時に後ろが気になり落ち着かないと気づきました。これまで冬の間はニットワンピースやコートを着ていたので、そうしたことが気にならずに済んでいたんですね。

丈が長いメンズモノを買う

それで考えた結果、メンズ物を買いなおすことで解決をしました。メンズ物を買えば、ゆとりがありますが、おしりが隠れるし、今風でいうゆるいシルエットになるのです。

実際に着てみると思ったほど大きくはなく、ゆったりしていて安心感があります。もっと早く気づけば無駄な買い物を済まずに済んだのに、と思いました。

服選びに「ベテラン」はない

洋服は日々変化するし自分も変化するから、こういう失敗は避けて通れません。

年の分だけ以前ほどには失敗しなくはなりましたが、考えたつもりでも失敗はあります。

一応先に買ったレディース物のパーカーも、コーデ的に見た目は問題ありません。けれども、後ろが気になって落ち着かないのです。

以前は丈の短さが気にならなくても、年齢の変化などで気になることはあります。

同時におなか周りが出ていると夏でも冷えやすいのです。

ただ、丈が短いということは軽くてかさばらないということ。バッグに入れておくとりあえずの服としてならパーフェクトです。

 

服選びや減らすための試行錯誤を綴った書籍です。キンドルアンリミテッドでお得に読めます。 

 さいごに

携帯用としての例外を除けば、これからアウターや羽織を買うときには,おしりが隠れる丈でなければ買わないことにします。