簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

50代主婦ですが腹筋が割れてます。特別なことをしないで腹筋を割る生活習慣方法。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200603114501p:plain

私は現在50代前半の主婦です。

実は私、腹筋が割れています。

 

もくじ

特別なことをしないで腹筋を割る

わざわざ公言する事でもないし、大きなメリットがあるわけでもありません。

でも世の中には、女性でも腹筋が割れていることを目指す方が多いと気付きました。

 

そこで何かのヒントになればと思いました。

私の生活習慣を紹介することで、腹筋が割れることが実現できてうれしいのであれば幸いです。

 

「何か特別なことをしているか」

と問われれば

「特別なことは何もしていません。」

と答えます。

 

ただし、全く何もしていないわけではなく、思い当たることはあります。

丸イスに座る

それは第一にイスです。背もたれのない丸イス(スツール)をメインにしてます。また、日中は朝起きてから午後7時くらいまでの間は、何かにもたれかかるような座り方をしないことにしています。

 

とはいっても、日中に一回程度10~15分だけベッドで昼寝をしています。もたれかかるというか、横になるのはそれくらいです。

ソファとビーズクッションを捨てた

2年半前に引っ越しでソファと大型ビーズクッションを捨てました。ビーズクッションは人間をダメにするソファと言われている、あれです。無印じゃないけど。

 

それは2個もあったのですが、本当に人間がダメになると思って捨てました。ソファは3人掛けでしたが、油断するとダラダラします。これは古くなったこともあり捨てました。

猫背で腹筋力もなかった私が変わったきっかけ

背もたれにもたれない生活を始める前、私は何かに持たれないとダメでした。当時は猫背だし、腹筋力もありませんでした。

 

方針を入れ替えたきっかけは皮肉なことに3年前の入院です。トータル4か月のうち、後半の2か月の入院で個室を借りました。

 

ところがイスは1個ありますが机はありませんでした。そこで机は食事用の病院によくあるテーブルを借りました。

ところが部屋に備え付けのイスは、そのテーブルには低くてあいませんでした。合うのはベッドだけだったんです。

ところがベッドをイス代わりにするにはベッドのサイドに足を下ろして座るしかないんです。そこでひらめきました。

「いっそ、これを機に腹筋力を鍛え猫背も治してしまおう。」

と。

適度なイスがないからベッドサイドをイスにした

ついでにパソコンを使う練習も開始したのがそのころです。

パソコンを再び使えるようにすることもリハビリでしたが、その間も背もたれのない椅子の意背筋を伸ばして座れば腹筋力と背中の筋力などもトレーニングできると考えました。

ベッドに足を投げ出してテーブルを使うやり方は、私は体が固いのでやりたくてもできなかったんです。

 

それが幸いして、体が固いせいで背もたれのないベッドを椅子代わりに座るしかなかったというわけです。

自宅では丸イスだけに座るようになった

退院してからは、丸イス(スツール)にだけ座るようにしました。背もたれに持たれないことが習慣になったので、もう苦しくはありませんでした。

一応、現在パソコンを使っているミニテーブルには背もたれ付きの椅子を使っていますが、背あてにもたれずに使っています。

ちなみに改めて腹筋トレとかは、ほとんどしてません。だから全然ノルマ感がありません。

 

一日単位で腹のだぶつきをチェックする

背もたれに持たれない生活をするだけで、腹筋は割れます。ただしこれは、他の食生活とのバランスによっても変わると思います。

 

朝、トイレに行った時に

「お腹がだぶついているな」

と感じたら食事を振り返ってみます。

 

するとたいては心当たりがあります。そこで気付いたことを実践するという感じです。ダブつく原因はたいてい、クッキー、ビスケット、せんべいの食べすぎです。今はせんべいを少し食べるくらいです。クッキー類は食べなくなりました。

代わりに食事でタンパク質を意識して食べます。あとは適度に野菜果物です。

 

腹筋が割れるメリットは何?

ただし腹筋が割れているからと言って、特に見た目のメリットはありません。第一、誰かに見せるわけじゃないですからね。

 

ただし病院の待合などで、背もたれのない椅子に座っても苦にならないんです。つまり疲れません。なことですがこれはメリットですね。

ダラダラグッズは捨てる

私は意志が弱いので、もたれられるイスがあるとダラダラしてしまいます。特にビーズクッションと3人掛けソファは魔の魅力がありました。

そこでダラダラ出来るグッズを思い切って排除。するとダラダラしたくてもできなくなります。

慣れればきつくない

初めはきつく感じますが、1週間もすると慣れます。慣れたらあとは簡単です。最近は習慣を利用して目的を達する方法が注目されてますよね。

誰しもきついことや面倒なことはやりたくありません。でも丸イスに座るだけなら続きます。

ちなみにこれは、私が買ったものと同じではありませんが現行品です。別にこれじゃなくてもOKですよ。