簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

使い捨てマスクの追加購入をした・供給が安定している時期だからこそ第二波に備えておく

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

現在、紙マスクは市場で余裕が出始めました。このタイミングで秋からに備えておこうと思い追加購入しておきました。

他の人が注目していない間の準備がラクです。

紙マスクは夏も必要

最近、布マスクを買いましたが、やはり使い捨てマスクが必要だと思いました。

 

www.kurase.com

 

最近、個人医院にチョコチョコ行ったり、歯医者さんに行ったり、ということが続いています。そういうときはやはり、紙マスクを使いたいですよね。

秋からはまた警戒が強まる可能性が高い

それといったんは緊急事態宣言も解除されましたが、秋からまた警戒しないといけません。そのときにマスクがどうなのかは未知です。

前回はセーフで買い置きがあったのでしのげたのですが、今、紙マスクの価格が比較的落ち着いている(と言ってもまだ割高ですが)うちに買い置きして置こうと考えました。

マスク工業会というマーク

そしてマスクを見比べて気付いたことがあります。それはマスク工業会というマークです。日本製は高すぎて手が出ません。というか、そこまで出さなくてもいいかなと思います。

それでも品質は不明なので心配ですよね。その点、中国製であってもマスク工業会マーク入りなら気休め程度にはなるかと。

 今回注文したマスク2種

似たような2種類のマスクですが、まず一個ずつ買ってみることにしました。

 

50枚入りですが、こちらはプリーツが段々になっているタイプです。

 

 よく似ている製品ですが、細かいところに違いがあります。

平ゴムなので耳が痛くなりにくい様です。

プリーツはオーム型です。

真ん中が高くて段々が上下に向かっていく形です。

ただしこの製品は印刷ミスで工業協会のマークが入らないそうです。

 

そしてもう1種類はこちら。

 

 秋からのマスク確保計画

秋から4月いっぱいくらいまでは油断できないと考えて、今のうちに試し買いをしながら少しずつ備蓄マスクを買って置く作戦です。

 

だいたい11月くらいから警戒が強くなると推測して4月末までと仮定して6か月です。

半年分の備蓄を夏場のうちに少しずつ用意すればムダがないですよね。もう少し値段が下がらないか様子を見るために、2箱程度ずつ買うくらいで良いかと。

もしかしたらもっと値下がりするかもしれないけど、また品薄や値上がりの可能性もあるかもしれない。

マスクバブルははじけたけど

今朝、テレビで中国でもマスクバブルがはじけた話の話題がされていました。

コロナはいつかは終焉しますが、ワクチンが完成していないし、最低でも来年いっぱいは油断できないと考えています。来年どころか再来年くらいまでまだ余波がある可能性は高いですよね。

もともとマスクは安い物は1箱50枚入りで500円位で変えていました。バブルがはじけたとはいっても、それでもまだ50枚で2,000~2,500円程度はするようです。

秋から来年春までに必要なマスク量は

一応、ピーク時よりはマスクの価格が下がる可能性がありますが、秋口からまた少し値上がりする可能性だってあるわけです。

ただ、その波は予測できませんから、6月の現在から10~11月の約半年間の間に

我が家の家族が次回使用する量÷6か月

を約6回に分けて買ってみようと考えました。考え方にヒントは、投資のドルコスト平均法に近いものです。

さいごに

というわけで今回はとりあえず2箱を買ってみました。他の人が注目していない、今のうちに用意しておくのがベストではないかと思います。