簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

コロナ禍中の玄関たたきそうじ事情

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

コロナ禍中の掃除って、気を使いますよね。でも、できるだけ簡単に済ませたいですよね。そこで「私は、こんな段取りで玄関たたき掃除をしています。」というお話を紹介します。

まず、玄関のたたきですが、我が家は集合住宅なので、床に水を撒くことはできません。ですので以前から、玄関たたきは「ほうきで履く→濡れ雑巾(古いぼろ布か、除菌ウェットティッシュ二枚重ね)で拭く」という流れでした。

現在も基本的な玄関たたきの手順は同じですが、1つだけ変えたことがあります。それは掃除のタイミングです。現在は外から帰ってきたときに掃除をします。理由は着ている服や髪の毛などにホコリその他を巻き上がらせて付着させないためです。

外出から帰ったら屋外に触れさせた衣類は洗濯するので、そのタイミングを利用します。反対に一日家にいるような日とか(めったにないけれど)、もう外出しないときは掃除しません。

ちなみにコートは頻繁に洗えないので、自己責任でどこかに座ったりした場合はその付近を除菌ウェットティッシュで拭き、あとは空気清浄機を真下にスタンバイしてしばらく置きます。(気休めですけどね)

出かける前に、ぼろ布に水を含ませて軽く絞っておいたものを玄関先にスタンバイしています。それプラス使い捨て手袋も使います。

  1. 帰宅したら、初めに、使い捨て手袋をして、玄関たたきの掃き掃除をします。
  2. 次に玄関の上り口付近を拭きます。
  3. 次に靴の上のほうを家族分、拭きます。(履いている靴のみ)
  4. 次に靴の下に近い部分を拭きます。
  5. それから玄関たたきを拭きます。
  6. 終わったら使い捨て手袋をひっくり返しながら、ぼろ布をインしてゴミに捨てます。

 

ちなみにこの時、外出したときのマスクなどのままです。

終わったら服を洗濯して(または洗濯機に入れて)手を洗ったりうがいしたりして終了です。

コロナ前は、たたきふき前に靴底も拭いていました。ホコリその他が舞う気がするからです。でも今はスルーしています。

この辺は判断が分かれるところですが、あまり無理せず、できる範囲で完了させています。

こうした掃除は、基本的に「気が向いたら」やっています。ですので毎日掃除するときもありますが、4~5日掃除しないときもあります。

優先するのは、自分の余力で掃除することなので、やる気がしないときは後回しにしています。