簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中する暮らしの追及。

家電取説(トリセツ)の簡単な収納方法と捨て作業

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今回は、家電系トリセツの収納法を紹介します。

 

結論を言うと、トリセツの収納にはとにかく手間と時間をかけません。

なぜなら、トリセツは一度使い方を覚えて以降は、ほとんど見ないからです。

 

だからこんな風に、100均のファイルにザックリ放りこんでいるだけです。

f:id:chakuma2017:20201116171857j:plain

必要なときは、この中から取り出します。

少し前の記事でも触れましたがトリセツ以外の家庭用書類は原則、ザックリ収納です。

 

家電のトリセツも例外ではありません。

決してラベルをはったり、おそろいのファイルに保管して並べるようなことはしません。

f:id:chakuma2017:20201116171918j:plain

トリセツの利用頻度は限りなく低いです。

本来は全捨てでもいいくらいです。

ネットでも確認できるからです。

 

ただ、全捨てはせず、一応保管はしています。

それでも久しぶりに確認したら、見事に不要なトリセツがありました。

 

  • もう使っていないPCかタブレットのトリセツとか、
  • 買ったときについてきたセットアップ手順の紙とか、
  • 期限が切れた保証書とか。

f:id:chakuma2017:20201116172718j:plain

いらないものを処分したら、またすっきりしました。
分類もラベルもないので、処分も限りなく手間がいりません。

 

時間にして10分もかからないくらいです。

こんな保管方法でも、10年以上(それ以上?)困ったことはありません。

 

トリセツはこんな風に、限りなく手間も時間もかけない、ざっくり収納がおすすめです。必要なトリセツは、前からめくって探したとしても、大した手間ではありません。

めったにないことに、手間をかけずにラクをしましょう!