簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

捨ててスッキリ・宅配でパソコン処分とデータ消去依頼が完了して証明書が届きました。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200809122319j:plain

先日、リネットジャパンという企業に、パソコン処分を依頼しました。

今回、依頼した理由はデータ消去(オプション料金があります。)も安心してお願いできそうだったからなんです。

無料でPCを引き取りしている理由

パソコン処分自体は、段ボール1箱までなら無料で引き取ってもらえます。本来、パソコンは小型家電リサイクル法対象なのでリサイクル料金が最低でもかかります。

ではなぜ、無料で引き取っているかというと、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルなどの有用な貴重資源を含むからなんですね。無料と聞くとかえって怪しい気がしますが、理由がわかれば納得です。

さらにリネットジャパンは、小型家電リサイクル法の認定事業者なんですね。環境省、経済産業省から認定されています。

気になるPCのデータ消去をオプションで以来

私は今回、それに加えてオプション料金を支払い、データ消去までお願いしました。もっとも、同様のサービスを実施している企業はいろいろあります。

でも目の前で破壊してくれるわけではないので、どうも不安がありました。かと言って、実際に持ち込みをするタイミングを逃してしまいましたし、いらないパソコンが4台もあったのです。

ネットオフと同じグループのリネットジャパンに依頼

そんな折、普段よく利用しているネットオフのグループであるリネットジャパンというところに思い切ってデータ消去を兼ねたパソコン引き取りを依頼しました。

依頼を決めた理由は、信頼です。これまでネットオフを利用していて、対応に合間にこまめなメールがあるなど、印象が良かったんです。何回も利用していましたので、「同じグループなら信頼できそう」と決心しました。

データ消去証明書について

こちらは物理破壊した1台分の証明書です。

f:id:chakuma2017:20200809122405j:plain

 

こちらは強磁器破壊式で消去した残り3台分の証明書です。(3台分、それぞれ発行されています) 

f:id:chakuma2017:20200809123056j:plain

 

私はデータ消去のほか、紙での証明書も発行してもらいました。証明はパソコンで見られるので本来、まあ、必要のないものでした。

けれども申し込み入力の段取りで、なんとなく紙の証明書を申し込んでしまったんです。「まあ、いいか」とのことで、今回はたまたま紙の証明書も発行してもらう形になりました。ちなみに紙で発行してもらうと証明書代は一台当たり500円です。

通常はデータ消去だけでしたら、手数料は一台当たり1500円だけで済みます。持ち込みする手間を考えたら、妥当な金額だと思います。

正直、個人で頼むなら「紙の証明書までは別にいらなかったかも」とは思います。

で、届いた証明書はこちらです。この他、紙ではない方はメールから見られます。ですのでそちらでも確認できます。

f:id:chakuma2017:20200809122254j:plain

紙の証明書を発行してもらうかどうか、ですが、気分の問題と、念のため、とか、事業をやっている人などが出してもらうことが多いのでしょうか。

データ消去はムリせず業者に任せた方がいい

今回依頼した4台のうち1台は、物理破壊するしかなかったのですが、他は通常のデータ消去(強磁器破壊方式)でOKだったようです。

物理破壊した1台は、私がかつてハードディスクを取り出したためです。当時ハードディスクを自力で破壊できないかと、ネットで調べてPCから何とか取り出したのですが、それ以上はムリだとわかりました。それで以後、そのまま保管していました。今にして思えば、バカなムダな労力を使ったと思います。

4台のうち、1台は上記の理由で物理破壊、他の3台のうち2台はパソコンが壊れて操作することができませんでした。残る1台は単に古くなっただけのパソコンです。

壊れたパソコン2台も、結論はデータ消去が可能な状態になったようですね。

データ消去依頼に出してみて、あらためてわかったこともあり、なかなか興味深かったです。

さいごに

今後、パソコンを処分するときには、下手に自分で何とかしようと思わない方が良いと痛感します。パソコンが壊れていなければデータ消去のソフトか何かで自力で操作も換毛でしょうが、本当に大丈夫なのか不安ですよね。

そういう場合は今回みたいに、信頼のおけるところにお任せしてしまう方が良いと感じました。