簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

iPhoneのスクショを簡単にワンタップでできる裏ワザ(物理ボタンの操作不要で失敗しない方法)

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今回は前回の記事に引き続き、iPhoneの操作を簡単にできる裏ワザを紹介します。

 

スクリーンショットをするときに、iPhoneでは2カ所のボタンを同時押ししないといけませんよね。通常は、スリープボタンとホームボタンを同時押しします。

けれどもこれってタイミングがずれると、なかなかうまくいきません。微妙にイライラします。

でも安心してください。1カ所タップするだけで確実にスクリーンショットする方法があります。

 

それは、前回の記事で紹介したのですがAssistiveTouch(アシスティブタッチ)のホームボタンを使うことで簡単にできます。

 

AssistiveTouch(アシスティブタッチ)のボタンとは、iPhoneのホームボタンを画面上に表示させて使う仕様のボタンのことです。

前回の記事を読んでいただいた方は重複する話になりますが、iPhoneのホームボタンはリアルホームボタンではなく、画面上に表示させて使うことができます。

このようにして画面に表示させたボタンを使えば、スクリーンショットもワンタップするだけで失敗なくできます。

では早速やり方を説明します。

 

①はじめに、AssistiveTouchのホームボタンを設置してタップします。

AssistiveTouchのホームボタンの設置の仕方はこちらの記事をご覧ください。 

www.kurase.com

 次に、AssistiveTouchのホームボタンを使ってスクリーンショットをします。

②AssistiveTouchのホームボタンをタップします。

f:id:chakuma2017:20201124091004p:plain

 

③次に「デバイス」をタップします。

f:id:chakuma2017:20201124140254p:plain

 

④次に「・・・(その他)」をタップします。

f:id:chakuma2017:20201124140600p:plain

「スクリーンショット」をタップします。

f:id:chakuma2017:20201124140707p:plain

⑥これでスクリーンショットが実行されます。

 あとは、通常のスクリーンショットと同様に画像が保存されます。

 

このようにAssistiveTouchのホームボタンを設置すれば、スクリーンショットも楽にできます。

両手の操作が必要なスクリーンショットですが、この方法を使えば片手で操作できるので、例えば電車の中で立っているときも使えます。

AssistiveTouchのホームボタンを設置するだけですぐに使えます。

 

寒くなると、何かと荷物が増えます。

そんなときに片手がふさがっているのに

「スクショしたいのに、片手がふさがってるよ~」

という心配がいらなくなります。

 

便利で簡単でラクなので、ぜひお試しください。