簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

季節の変わりめに「うっかり」着ない服を増やさないコツ

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

今年は久しぶりに暦通りに秋らしい季節になりましたね。ただし10月に入り秋雨前線が抜けた頃に、またもう一回ちょっと汗ばむ季節にはなりそうです。

季節の変わり目は服が増えやすい

過ごしやすい季節になりましたが、そのかわり洋服の扱いは結構難しい時期です。

というのも、季節の変わり目は服の数が増えやすいからです。

真夏や真冬は真冬は、とことん暑い日とことん寒い日なのである意味、洋服は真夏用、真冬用を用意すれば良いので簡単です。手持ちの服はそれぞれ1番減らせる時期です。

ところが今の季節のように、夏から秋に変わる時期は、暑さに対応する服と涼しさに対応する服の2種類を用意しなくてはなりません。

夏の服はまだしまえないし、秋の服をそろそろ出しておかなくてはなりません。でも、だからチャンスです。季節の変わり目の扱いこそが、服を無駄に増やさないチャンスです。

では、どうすれば季節の変わり目に、無駄に腹を増やさないで済むのでしょうか。私のこれまでの経験で気づいたことを挙げてみます。

1  季節の先取りをして服を買いすぎない

おしゃれな人は「季節の先取りが上手」だと言われています。確かに買い物も他の人が気づかないうちに早めに済ませているようです。

私も以前、それにあやかろうと思い、早めにこれから来る季節の服をたくさん買っていた時がありました。

けれども、その年の先の季節がどのようになるかは予測がつきません。結果として予定よりも意外と残暑が長かったり、冬があまり「寒くならなかった」事はよくあります。

と言うわけで、なるべく実際の季節になってから直前に必要な服を買った方が無駄に増やさないで済むようです。

 

2 色違いはせいぜい2枚で良い

気に入った服を3枚とか多めに買ってしまうことがありました。

ところが実際には、いくら気に入った服でも、3枚では残りの1枚があまり出番がないということがよくありました。

気に入った服の色違いを買う場合は、せいぜい2枚で充分です。3枚とか4枚買ってしまうと、たいてい完全に持て余して無駄になります。

 

3 ニットのカーディガンは秋冬にはあまり役立たない

季節の変わり目対策に、ニットのカーディガンなどを買う事はよくあると思います。

ところが実際に秋冬になっても、ニットのカーディガンは意外と出番がないのです。何故かと言うと風を通すからです。

実際、秋になっても、屋外に出ると羽織はナイロンの薄手の羽織ものばかりを着ていたことがよくありました。

もちろん屋内で仕事をするための羽織もの、という場合は活躍すると思います。

温度調節に役立ちそうと思って、秋口にたくさんカーディガンなどを買ってしまうと持て余しますので注意したほうがいいみたいです。

最後に

季節の変わり目は何を着たらいいか分からなくなる時期です。

一方でこの季節にどういう服を着れば良いか対策を立てておけば無駄になる服を買ったりしないで済みます。また何を切るか迷わなくて済みます。
季節の変わり目は朝晩で全然気温が違うので、脱いだり来たりした際に話にならずコンパクトにしまえると言う点も大事です。

体調に気をつけてお過ごしください。