簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。ミニマルな暮らし。50代主婦。家事、家計管理、捨て作業のコツなど。やりたいことに集中できる暮らしの追及。

生前整理は無理してやらなくていい。

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20200922203405p:plain

時々聞くのは生前整理のことです。

 

「生きているうちに身の回りを片付けたほうがいい。

なぜなら周りの人に迷惑をかけるから。」

 

というような話です。

 

でも実際は、どうでしょう。

 

知人の話では、割と多くの人が年老いた親が亡くなった後に業者に依頼して片付けをしているようです。

そうしたときは確かに、相応の費用がかかります。けれども裏を返せば、ある程度の費用を払うことで、最終的に片付けは決着がつくということですよね。

 

だったら、本人を無理に説得して、片付けを実行し、不安な気持ちにさせる必要はないとも言えます。

それよりも、現状維持で安心を優先させた方が良いのではないかと思うようになりました。

 

もちろん、自分が自発的に整理をするのなら、それは良いのです。けれども嫌がる親などを説得してまで生きているうちに強行突破する必要があるのかを考える必要はありますよね。

ある程度若い年代であればともかく、年齢が進むと変化を恐れるようになります。

 

それはたとえ周りから見て、明らかなゴミや不用品であっても、当人にとっては変化に耐えられないのではないでしょうか。

もちろん明らかなゴミ屋敷レベルの場合は、ある程度の片付けは必要かもしれませんけどね。

 

けれども一般レベルの片付けが必要なレベルであれば、死後に片付けざるをえません。

その時の片付けの手間や必要な体力は、業者にお任せしてお金で解決する方法を否定する意味はないと思えます。

それよりも、「周りの人に迷惑をかけるから」緊迫感を自分に強いて、心に余裕がなくなる方が問題があるともいえます。

 

大事なのは当人の心の安定です。片付けや断捨離ブームが起きて久しいですが、片づけに抵抗のある身内の特に高齢者の片付けについては、周りが急かす必要はないと思います。

そもそも「迷惑をかける」という概念自体抱く必要はありませんね。

 

オギャーと生まれた瞬間から、人はお互いに迷惑をかけあって生きるのだと思うのです。

迷惑と言うよりも、生きるという事は人間同士が関わり合うこと。誰しも生まれた瞬間にミルクを与えられ、おむつを替えてもらいながら成長します。

 

だからどんな人でも迷惑をかけているし、同時にそれを否定することは無意味なんですよね。

 

当人が片づけを嫌がっていて、それでも片づけを強行突破した場合、それでも

「これはいる?これは?」

とお伺いを立てないといけません。つまり時間がかかるんです。

けれども亡くなった後であれば、残された人の事務的な判断で対処できます。つまり生前に実行するより短期間での処理が可能なのです。

 

何のために生前整理をするかと言えば、例えば「見られたくないものがある」ような場合でしょうね。見られたくないものは整理&処分したほうがいいですよね。

同時に残された家族などがわからないと困るデータはわかるようにしておいた方がいいでしょうね。

 

自分が自発的に生前整理をするのは良いですが、抵抗感のある親などに無理を強いる必要はないと思うというお話でした。

 

 この本が参考になります。

 

アンチ整理術

アンチ整理術

  • 作者:森 博嗣
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

www.kurase.com