簡単に暮らせ

ミニマリスト志向50代主婦ちゃくまのブログ。家事も家計も整理収納も思考も健康管理も簡単に。20年前&20年後の自分に向けた備忘録も兼ねて発信しています。

ユニクロエアリズムマスクが浸透したら買おうと思ってる物

スポンサーリンク


こんにちは ちゃくまです。

 

ユニクロエアリズムマスクが発売されましたね。

私も買いたいとは思いますが、苦労せず買えるようになったら買いたいと思います。

それよりもユニクロエアリズムマスクが、仮にもう少し買いやすくなったら「買おう」と思っているあるものがあります。

それは紙マスクです。

f:id:chakuma2017:20200621114443j:plain

[6月19日以降発送]KAEI3層オメガプリーツマスク普通サイズ(約17.5×9.5cm)60枚入BFE/PFE/VFE99%高性能不織布採用・キャンセル変更不可・マスク工業会正会員

 

紙マスクは現在、値下がり傾向にあります。

とはいえ、通常期と比較したらまだまだ高いですよね。

それに今後、秋から冬にかけてまた第二波が来る可能性はおおいにあります。

現在、値下がりしている紙マスクが秋までの間に底値になるタイミングはいつでしょうか。

これは何とも言えませんが、ユニクロのマスクがもう少し浸透するタイミングというのは大きいと思います。

また、ユニクロの製品は多くの企業がパクります。とすれば今回、初回の販売があった後、他の企業がこぞって類似品を作成する可能性はおおいにありますよね。

たとえば下着のヒートテックやエアリズムをユニクロが作ると、イオンとかヨーカドーあたりでも似たような製品を販売してきました。

マスクも同じように他に企業が作る可能性はあるんじゃないかと思っています。

となるとそのタイミングで紙マスクは値下がりしそう。

となるとユニクロがエアリズムのマスクを販売開始したことで目を付けるべきは、秋口から使いたい紙マスクかなと。

どのくらい値下がりするかは未知ですが、実際私が2週間前に買ったマスクもさらに500円位値下がりしていました。(ユニクロエアリズム販売前)

そのあともっと下がる可能性もありますよね。

ただ、これは完全に予想するのは不可能です。ですので投資のドルコスト平均法の感覚を利用して私は秋以降の紙マスクを夏の間に少しずつ定期的に買って備蓄することにしています。

前回買ったマスクは50枚と60枚で合計110枚分(2箱)を買いました。あれからまた値下がりしています。

マスクはいろいろあって迷いますが中国製だけどマスク工業会正会員マスクなので安心して買えます。

 先日買ったマスクはプリーツタイプとオメガタイプをそれぞれ買いました。

f:id:chakuma2017:20200621114443j:plain

全国工業会会員」のマーク入りです。

f:id:chakuma2017:20200621115204j:plain

2種のパッケージは似ていますが微妙に違うので注意してください。

 

f:id:chakuma2017:20200621115246j:plain

こちらはベーシックなマスクです。平ゴムではないのですが、その分お値段が安いです。

 

 

 こちらはゴムが平ゴムで耳が痛くなりにくいものです。私が買ったのはどちらも平ゴムタイプです。

 

 

小さ目タイプもあります。

 

 こちらのショップさんのマスクの違いはこのように選ぶと良いです。

  • 平ゴムか普通ゴムか。
  • プリーツ型かオメガ型か。
  • 50枚入りか60枚入りか。
  • 普通サイズか小さめサイズか。
  • 値段で決める。

次は前回購入から1か月後当たりのタイミングで次の2箱を買おうと思っています。

一気にまとめ買いするよりも、平均すると安く買える可能性があるのではないかと思っています。

たとえば全部で1冬6箱必要だとします。

6箱を一気に買わずに1箱ずつとか2箱ずつに分けて買います。

送料が無料の場合は1箱ずつでも良いですが、送料が別にかかる場合はあまり小分けにして買うと割高になることもあります。

買い過ぎるとムダになります。

この辺のバランスを考えて買うようにしたいですね。

ユニクロマスクは確かに私も欲しいし、優秀な素材なのだと思います。一方で、多くの人が布マスクに注目していて紙マスクから離れています。こういう時に人の行動の裏をかいて、必要な物を安く確実に手に入れておくというのも手ではないかと思います。