簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

行動と考え方

活用している地図関連3種

今回は、生活を便利にして自分の感覚をより研ぎ澄ます効果があり、かつ楽しみも増える愛用の地図関連3種を紹介します。 一枚の大きな全地図 まずは最近、10年ぶりくらいに東京の地図を買い換えました。一枚の大きな紙に、全容が記載されているタイプの地図で…

スマホを見すぎないための対策5つのコツ

「つい、スマホを見すぎてしまう」 そんな状況が気になってはいないでしょうか。 私も以前、初めてスマホを持った時には「スマホ見過ぎ」に、「ちょっとまずいんじゃないか」と考えました。 スマホって、小さくて手元にあるので、クセになるとしょっちゅう見…

先のことを考えすぎない

まぁ、確かにある程度は先のことを考える必要はあるのですが、「ほどほど」が大事だと思っています。 例えば、あるかないかわからない不測の事態に備えすぎると、「今」が目に入らなくなってしまいます。 身近な例でいえば、子供の運動会で撮影に熱心になる…

カフェでノマドするなら住まいはミニマルでいいんじゃないか

カフェで作業したり読書したり、のんびり過ごすのが好きな人は多いですよね。 カフェには自分以外の人がたくさんいますが、それらの人は赤の他人で、コミュニケーションをとる必要はありません。でも、一人じゃない。 テーブルやイスは必要最小限だし、メニ…

月曜日に面倒な用事を入れる理由

なんとなく面倒な用事は、可能な範囲で月曜日に入れます。 理由は月曜日がちょっと苦手だからです。苦手ついでに面倒な用事を、月曜日にまとめてしまうというわけです。 皆さんは月曜日って好きですか?休日などの関連もあるだろうし、休日より子供が学校に…

文庫本と新書を最近よく買っています

最近、筆者がよく買う本は文庫本と新書です。 新書は以前から、定期的にチェックしてよく買っていました。けれども文庫本は、あまり買わない傾向にありました。 一転して文庫本をよく買うようになったきっかけは、以前出版された単行本が文庫化で出版された…

日記系6か月分のノートを捨てました。

半年分の日記系ノートを捨てました。発端はモーニングページという手法で書き始めたものです。→(参考書籍 ずっとやりたかったことを、やりなさい。) www.kurase.com これまで「書く」手法が続かなかった筆者ですが、今回は珍しくしばらく取り入れていまし…

スマホ中毒を防ぐ方法

スマホの使い過ぎが話題になりますが、実際は対策をとるまでには至ってないのではないでしょうか。今回はスマホ中毒を防ぐ方法についてお話します。 結論から言えばスマホ自体が毒になるか薬になるか、便利な道具になるかは使う人次第なんですよね。 例えば…

紙は重い。写真をはじめとした思い出紙類の手放し作業

紙一枚はとても軽いです。ところが2枚、3枚・・くらいはまだ序の口ですが、新聞誌入れがいっぱいになるくらい重なると、本当に重いです。 収納スペースにある紙は、大したことないと見えます。でもいざ、処分しようとすると、個人情報が書かれた紙を分けたり…

毎朝一番に風呂掃除を3か月実践した感想

毎朝一番に、風呂掃除の習慣を実行してみました。今月で3か月経過して、4か月目になります。今回は、その感想と気づきのお話をします。 以前も、毎日お風呂に入る前に浴槽は毎日洗っていました。洗剤をつけなくても湯垢が落ちるブラシを使っていました。 …

ユニクロポケッタブルUVカットパーカを着て散歩して発見した秋の気配

最近数日の関東地方は、まるで秋のような気温です。今朝は雨がやんでいる合間を見て、ささっとウォーキングに行ってきました。 こんな肌寒い日に最適なのは、ユニクロの「ポケッタブルUVカットパーカ」です。これはポリエステルで雨をはじく素材です。万が一…

固定電話の電源を外しました

「そうだ、電源を抜いて電話機を外してしまえばいい。」 どうしてそのことに気づかなかったのだろう。そう気づいた私は、すぐさま電話機の電源と回線の端子を抜きました。そして電話機はポリ袋に入れて、キャビネットにしまいました。 以前から考えていたの…

洋服選びを紺色に逃げてはいけない

紺色は洋服選びで迷ったら、失敗のない王道だと思っていました。けれども最近、そんな思いが変化しつつあります。 きっかけはいつものように、王道の紺色の服を買ったことでした。ところが失敗がないはずの紺色が、ことごとくコーデしにくい現象にあったので…

ブログの過去は振り返らない

はじめに 2015年から運営しているこのブログですが、2017年頃にとんでもない事件が起きました。 ブログをワードプレスという自営的な運営から、はてなブログというブログサービスに引っ越したときのことです。 画像が消えた あろうことか、それまでの画像が…

もう一度読みたくなって買いなおした本

ふと、もう一度読みたくなったのは、少し前に手放した本です。 私が持っていたのは単行本でしたが、そのあと文庫化されていますが、新刊の販売はされてないのでした。 それでアマゾン経由で中古本を取り寄せました。レビューによると文庫本は「巻末に対談が…

「簡単に暮らせ」とは、どういうことなの?あらためてまとめてみました。

はじめに 今回はこのブログタイトル「簡単に暮らせ」とはどういうことなのかについて改めてまとめてみました。→書籍(簡単に暮らせ (だいわ文庫) もっと簡単に暮らせもよろしくお願いします) 暮らしはたいてい無駄に複雑化している まず、タイトル通りに「…

迷う?「家を建てたら夫に転勤辞令」単身赴任VS家族で引っ越し・選択基準は簡単です

サラリーマン、ウーマン世帯に、夏が近づき秋の気配が見えると、ちらほら浮上することがあるのは「転勤」です。 そこで時に小さい子供を持つ世帯が、迷いと選択の分岐点に立たされることがあります。このとき、家を買った場合に、取る選択は主に2つあります…

グチを一切言わないことにします。

突然ですが、決心しました。それは一切、グチを言わないことです。 「何を当たり前のことを」 と思うかもしれませんが、気が付けばしょっちゅうグチを吐いている自分に気づきました。 暑い~ 疲れた~ めんどくさい~ ご飯作りたくない~ 痛い~ 眠い~・・ …

「スマホがあれば物は多くはいらない」の違和感の正体

ミニマリストブームが国内で発生したとき、違和感がありました。それは 「スマホがあれば、多くのものはいらない」 という発想についてです。 実はこの違和感については、2016年発行の書籍にも記しています。(現在は文庫化) 簡単に暮らせ (だいわ文庫) 作…

モーニングページ・「要は日記」を数か月書いた結果の感想

はじめに 3~4か月前に、日記の一種をスタートしました。その後、「日記」は様々変化して、今はかなり大雑把に書いています。 さて、その「日記」ですが、効果や効能はあったのでしょうか。今回は、広い意味での日記を3~4か月書いた感想と現状についてのお…

「多いほど良い」も「少ないほど良い」も根本的価値観は変わらない事例について

自薦他薦問わず、現代は「持たない」ことが「他者よりスゴイ」アピールになることがあるんですね。 20年前くらいだったら、「人より多くを持っていること」が、アピールポイントだったと思います。他人からうらやましがられるには、たくさん高価なものを持っ…

散歩&ウォーキングを安全に楽しむコツ14

はじめに 今回は、散歩&ウォーキング歴約20年の筆者が、散歩とウォーキングを楽しみ飽きないで歩く方法を紹介します。 もくじ はじめに もくじ 準備について 1 持ち物 2 歩くコースをざっくり決めておく 3 体の調子に合わせたグッズを活用する 4歩きやすい…

ショッピングモールから、いつも買ってくるものと活用の秘訣

はじめに 今回は、ショッピングモールから、いつも買ってくるものと活用の秘訣についてお話をします。先日買ったものにも少し触れます。 ショッピングモール内を歩かせてもらう 散歩&ウォーキングを健康のために日課にしています。暑くなると困るのは、屋外…

片付けは散歩の後に・連休の過ごし方

はじめに 暑いので散歩は早朝が最適です。あとは合間を見てエアコンが効いた室内で片付け作業がおすすめです。用意していた不用品を翌日宅配の人に引き渡しました。 簡単で楽。おまけにすっきり。良いことずくめです。 散歩で見かけた、あれこれ この花を見…

散歩とウォーキングの間と、丸ごと一個の進化したスイカと。

寝坊した休日の朝。 もっと早く家を出る予定が、すっかり出遅れてしまいました。 予定を変更して、近くをウォーキングすることに。 さて、どこへ行こう。 「そういえば、散歩とウォーキングの違いってなんだろう」 散歩は目的もなくぶらぶら歩くことかな。 …

けなげな変化の地味なたのしみ

雨が続いていた日、いつものように小雨の中散歩に出かけました。 ふと、遠目に紅葉の黄色い落ち葉みたいに見えたのですが、「いやいや今、7月でしょ」と我に返りました。 芝生のコントラストがきれいで、本当に紅葉の落ち葉みたいです。 またまたよく目を凝…

本要約動画を観たら読書不要かどうかについて

はじめに 最近人気の、本要約動画(ユーチューブ)ですが、あれを観たらもう、読書はいらないのでしょうか。 今回は、 「本要約動画は有用だけど、それで中身を知った気にならないほうがいい。気になった本は自分で読んだほうがいい。」 という話をします。 …

『1984年』(ジョージ・オーウェルの小説)を読了しました。(書籍感想・書評・ブックレビュー)

はじめに 今回は、『1984年』というタイトルの、ジョージ・オーウェルの古典小説を紹介します。この本が出たのは1949年だそうです。つまり今から約70年も前です。 この小説は、世の中が不安定になると注目を浴びる作品(小説)だそうです。これまでタイトル…

「ポジティブ思考の鬼」・アランの『幸福論』

はじめに コロナ禍では 「しあわせってなんだろう」 ということを、ふと考えることはありませんか。 また、気持ちがふさいでしまって、堂々巡りに困っている方もいないでしょうか。そんな折、食わず嫌いだった古典に、読みやすく明るい気持ちになれる本に出…

現代版スモールプレハブ住宅に住んだのは、みんな知っている著名人

はじめに 「現代版スモールプレハブ住宅」 晩年、あの著名人が住んでいたのは、以外にも単なる質素倹約なものではなかったことに驚きました。確かに暮らしは質素だったと思われますが、そもそものその建物はなんと「特注品」だった可能性さえあるそうです。 …