簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる暮らしの追及

受験にお勧めのマークシート用鉛筆と他文具3点



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

f:id:chakuma2017:20220222192439p:plain 直前になって慌てやすいのが受験に適した文具やその他細々とした持ち物です。準備は済んでいますか?

特に、最近はマークシート型の受験が増えています。その中でも大学入試センター試験では、マークシートのマークにはシャープペンシルではなく、「鉛筆でマークすること」と定められています。

また、高校以下の受験でもマークシート型の試験を実施しているところもあります。また、子供ではなく大人の資格試験では、ほぼマーク型の試験が中心です。

マークミスで失点をしないために

もちろん、特に鉛筆を指定されていない受験でも、シャープペンシルより鉛筆を使う方が効率的です。マークしやすい鉛筆は次のような効果が期待できます。

  • 消しゴムで消した跡が残りにくい
  • 効率よくマークできる
  • 素早くマークできる
  • 「こすれ」によりシートや手を汚しにくい

実際に、マーク型の試験では自己採点と実際の点数には差が出やすいと言われています。その理由のひとつがマークミスである可能性も指摘されています。

どういうときに、マークミスが起きるのでしょうか。単純にマークする位置のミスもありますが、それ以上に「もったいない」現象にはマークの読み取りが意図した様に反映されない場合です。例えば

  • 消した跡が残っていて、マークされたと判断されてしまう
  • 塗りつぶしが不十分で、マークしていないと判断されてしまう

という可能性が考えられます。

特にシャープペンシルでマークしたときには注意が必要です。シャープペンシルは芯が硬く細いですよね。そのため、塗りつぶしに時間がかかりますし、消しゴムで消してもきれいに消えにくい難点があります。また、慌てて力が入り、シートに穴を開けてしまう・・なんてこともあるかもしれません。

運が悪ければこのようなことがあります。ですから、マークシート型の試験は鉛筆で望むのが最善です。ただし、鉛筆と言っても今度は何を選べば良いかと迷いますよね。それは、価格やもメーカー、商品の種類がいろいろあるからです。

せっかく努力をしても、結果が筆記具で損をしては本当にもったいないことです。逆に言えば筆記具を万全にするくらいで、そうしたミスを少しでも防ぐことができます。

マークシートの受験にお勧めの文具を紹介

マークシート用鉛筆

そこで間違いのないお勧め品を紹介します。それは鉛筆と言えば三菱の鉛筆です。 この画像の鉛筆がマークシート用として販売されている鉛筆です。少しお値段が高めですが、それだけの価値があると思います。

お手軽なセットもあります。 鉛筆に文字が一切ないものもあります。 普通の鉛筆と何が違うかと言いますと、

濃く美しくマークを塗りつぶすことができる一方で、消したい部分は消しゴムでサッと消すことができます。また芯の硬さが均一なため、細かい部分にマークする際にも適しています。

さらに固着性にも優れており、マークした部分が手でこすれてしまっても汚れにくくなっています。

ということだそうです。そしてシートが汚れることが少ないなどの実感も報告されているようです。

ご購入者の声として、鉛筆なのに塗るように塗つぶせる、固着性が良いのでどんどんマークしてもマークシートが汚れることが少ない、はっきりと濃くかけるので安心、マークする時間が短縮できるから問題に集中できるといった評価を頂いております。

使いやすい消しゴム

消しゴムはこちらがおすすめです。

受験に最適な鉛筆キャップ

次にお勧めしたいのが鉛筆の芯をカバーするキャップです。鉛筆を持参するとき、忘れてならないのは芯をカバーするキャップです。そして、それは何でも良いというわけではありません。おすすめはこれです。

理由は透明なこと。キャップを外さなくても芯の状態が見えます。一刻を争う試験では、これは重要です。

鉛筆の芯が丸くなってきたので別の鉛筆に変えたい。そのとき、いちいちキャップを外さないと見えないのと、キャップをはめた状態ですぐにわかるのとでは後者の方が確実で無駄がありません。さらに転がり防止のストッパー(突起)があります。

削りかすが内蔵される携帯用鉛筆削り器

そして鉛筆といえば鉛筆削りが必要です。余裕をもって鉛筆を多めに試験に持参すれば必要ないかもしれません。けれども、念のために持参したほうが安心ですよね。その際、削りかすが落ちないタイプにしておけば、いちいちティッシュにくるみ、ゴミ箱に捨てに行く手間も不要です。 おすすめはこれです。

サイズも携帯にちょうど良く、芯の太さも変えられます。削りかすは中に内蔵できます。

さいごに

いずれも些細な事ですが、直前になって慌てて探すと意外と見つかりません。特に入学試験のための受験は同じ時期に集中します。そのため実店舗では見つかりにくいこともあります。早めに買っておくか、通販で余裕をもって手に入れておくと安心ですね。

そして重要な事ですが、これらの文具を試験の前に実際に使っておきましょう。使い慣れておくことが重要です。それでは合格心よりお祈りしています。