簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

服装は雰囲気を限定すれば、迷わない



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

 

世の中にはいろんな雰囲気の服装があるので選択肢が多すぎます。

雑誌や店頭に服を見ると、どれにも決められなくて目移りしていました。だから一つ傾向に決められずにいたのです。

その結果として、半端な服が増えました。特に若い年代の頃は、「いろんな可能性」を感じるので一つに決められません。やはり様々な服の傾向を受け入れるのには無理があるのです。

服装の幅をあえて限定しておしゃれになる

もちろん、多用な違いを楽しめる人はそのままで良いのです。けれども、服を買っても満足しきれない状況にある方は思い切った方が良いのです。それは自分が着る服の雰囲気の幅を絞ることです。

もちろん、似合う、似合わないなども考慮する必要があります。いろんな服を選べる方が迷わないのではありません。ある程度限られている方が、よりおしゃれに昇華しやすいのです。それは、選択肢が限られている方が、着ることに集中できるからです。

反対に多様な選択肢がある場合は、決め手がないので満足な組み合わせが完成しません。最近の若い年代の女性は、制服を着ることが数年前から人気だそうです。本来、制服は自由と相反する服です。自由な服を求めているはずの若い女性が以外にも制服という限られた服をアレンジすることで、おしゃれを楽しむという現象が起きています。

服は自由すぎるよりも、ある程度限界のある状態の方が、より良いおしゃれができるようです。さすがに主婦層は制服・・というわけにはいきません。そこで着る服の傾向を固めてしまってはどうでしょうか。

いろんな雰囲気の服を着るのではなく、ある程度限定してしまうのです。「○○さんらしい」と言われるような服を中心にすれば無理がありません。