簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

吊るす衣類のシーズンオフ用の洋服カバーを購入しました



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

秋冬のアウター類に不織布とビニールの洋服カバーをかけてしまいました。

アマゾンから30枚入りタイプを購入して整理しつつしまいました。

日本製 洋服カバー 30枚セット(ショート25枚・ロング5枚)

届いた状態です。

RIMG0195

こちら側からはロングサイズを出すことが出来ます。ショートタイプを出したいときは反対側から出します。

RIMG0196

ティッシュを取り出す要領で取り出します。

RIMG0197

一枚ずつ、きれいにたたまれた状態で取り出せます。

RIMG0198

ロングサイズを広げてみました。ビニール側です。

RIMG0199

片面が不織布、片面がビニールです。全面不織布では、何の服か見えなくなりますが、片面がビニールなので服がすぐにわかります。全面ビニールでは通気性が悪いですが、片面が不織布なのでちょうどよい感じです。

全体の質感はクリーニング店のカバー程度の品質です。繰り返し使うというよりもシーズンごとに使い捨てする前提の作りだと思います。

RIMG0200

ハンガーを通す部分です。

RIMG0201

 

こちらはショートタイプRIMG0202

不織布側です。

RIMG0204

実際にカバーをかけるとこんな感じです。このユニクロのライトダウンのコート(膝位の丈」ならばショートタイプで十分です。夫のロングコートはロングタイプですが、十分な長さがあるのできれいに覆われます。

 

これを使う以前は複数の衣類をまとめてカバーするタイプの物を使っていました。その場合、結局ファスナーがすぐに壊れてしまったり、上の隙間からホコリが入るのが気になっていました。今回、一着ずつしまうカバーに変更してみました。シーズンごとの使い切りが前提ですが、どの服が何処にあるかすぐにわかるのでちょうどよい感じです。