簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる暮らしの追及

年末年始は電子書籍でお気軽読書を楽しもう・電子書籍の意外なメリット



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

f:id:chakuma2017:20211222110421p:plain

はじめに

年末年始が間もなくです。空いた時間で電子書籍で本を読んでみませんか。もちろんコミックや雑誌などもあります。(雑誌などは大きい画面の端末がおすすめ。タブレットのほかPCも可)

紙の本が好きなのですが、一方で電子書籍の意外なメリットがあるので紹介します。

よくある電子書籍のメリット以外のこと

電子書籍のメリットもデメリットも、すでに皆さんがご存じのとおりです。

電子書籍のメリット、デメリット

  • 保管スペースがいらない
  • 何冊も持ち運べる
  • ハイライトした個所を確認しやすい(テキストでコピペなど)
  • 紙書籍より安い
  • サンプルページを確認できる
  • いつまでも手元に残せる
  • 読み上げさせることができる(できないものもある)
  • テキストの大きさなどを変えられる
  • 本を持たなくて良い

電子書籍のデメリット

  • 目が疲れる
  • 紙書籍で見られる仕様と違うことがある
  • 本を持っている(買った)ことを忘れる

電子書籍のメリットは手元に残せること

私は紙書籍は定期的に処分します。だから手元には過去に買った本はほとんど残っていません。

ところが電子書籍は違います。私はこれまで買った電子書籍を処分したことはありません。

そのおかげで、先日久々に以前買った本を読むことができました。ただし電子書籍は、持っている実感が湧きにくいんです。

なので私はときどき、電子書籍で買ったことを忘れて、紙書籍を買ってしまうことが年に3回くらいあります。

とはいえ、頻度は高くないので、そうしたことは誤差だと思ってスルーしています。それよりも電子書籍のメリットは、処分する必要がないことです。結果としていつまでも手元に残せます。

電子書籍は検索すれば所有を確認できる

ほとんどの本は、ある程度の時期が過ぎると読み返すことはありません。でもたまに、読み返したくなることがあります。

そういう時に紙書籍はだいたい処分しているので、手元にありません。ところが電子書籍は「持っていたかも」と検索すると、過去に買った本であればすぐに引っ張り出せます。そういう時は、すごく得した気分になります。

電子書籍は専用端末がなくても読めます

ちなみに電子書籍は、専用端末がなくてもアプリをダウンロードすれば、だれでもすぐに無料で読む準備ができます。

例えばアマゾンから電子書籍を買うならkindle、楽天から買うならkoboです。どちらが良いかは好みですが、通常はアマゾンのkindleがおすすめです。

楽天のポイントを貯めたいなら楽天Kobo電子書籍ストアが良いですが、アマゾンのkindleは電子書籍が豊富ですし様々なサービスが充実しています。もちろん楽天Kobo電子書籍ストアも、セールをよく実施しています。この辺は好みですね。

でも専用端末があると読書がはかどります

専用端末がなくても手持ちの端末で電子書籍は読めます。でも、あえて専用端末を使うと、より読書に特化できてはかどりますよ。

例えば私はキンドルペーパーホワイトという電子書籍端末を使っています。少し古い型ですが、それでもとても軽くて目に優しいんです。

旅行や帰省、通勤通学で読書する人が使えば、その恩恵はかなり受けられます。

ちなみに「広告あり」「広告なし」があります。断然「広告なし」をおすすめします。せっかく集中できる端末を使うのですし、今後長い目で見ても少し割高でも広告なしのほうが良いです。

さいごに

年末年始が近づいています。時間があるときに電子書籍を利用すると思い立った時に好きな本を読むことができます。

今回は「電子書籍で買った本は、自分がアンインストールしない限りなくならないですよ」という話をしました。

本は取っておきたいけどスペースの問題で泣く泣く処分していた方は、電子書籍を取り入れてみてはいかがでしょうか。