簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

本棚を現在進行形にする



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

手持ちの本を、さらに30冊位に減らしました。

残したのは、どうしても記憶するのが無理な教科書的な本や、手元に置いておきたい本です。

最終的に、30冊程度を残しました。電子書籍もありますが、これはノータッチです。

元は単に「これはもう読まないなぁ」というものが中心でしたが、もう一度見直しすると、「近い内の実行は無理」という本があると気づきました。

実行不可能な本は、追加で処分しました。これからは、現在進行形の本を手元に置き、読み終わったら即手放すことにします。

ちなみに最近は図書館を利用することはありません。理由は、返さないといけないからです。また、線を引いたり印を付けたりできません。

自分のものではないと思うと、頭に入る度合いが減るので、読書する本は新刊で買っています。

これから本といえど、生鮮食品と同じように現在進行形で使っている本を残すようにしていきます。

結局のところ、使ってなんぼです。読んでもそれを実行に移さなければ意味がありません。

この扱いは人によってそれぞれですが、たくさんの本を持ってきても、頭で覚えていられる本は限られています。

洋服や日用品と同じように、自分で把握できるだけの最小限の力を手元に置いていきたい。

本に書いてあることを理解しても、頭の中でぐるぐるこねくり回していたのでは本を読まないほうがまだマシです。