簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

この服はシーズンごとに買い替え&入れ替えした方がラク・効率よく清潔感をアップする



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210520083305p:plain

はじめに

今回は、「とある服は、シーズンごとに買い替えて入れ替えた方がラクで簡単」という話をします。

もくじ

 ワイシャツはシーズンごと新しく入れ替える

結論を言うと、夫のワイシャツはシーズンごとに買い替えて入れ替えしてしまいます。

「もったいない」

という声が聞こえそうですが、この場合の「もったいない」には、

  • お金
  • ワイシャツそのもの(資源)

がもったいない、ということだと思います。確かに2~3年おきに買い替えるよりも、シーズンごとに買い替えればお金は多く必要です。その分、余計にワイシャツに関する資源を多く使います。確かに、こうした背景は対策を考えなくてはなりません。ただし、今回はこうした「背景」はいったん、課題として今回の内容からは脇に置かせて下さい。

ワイシャツに必要な条件とは

f:id:chakuma2017:20210520083336p:plain

さて、あらためて夫が仕事で着るワイシャツの話に戻ります。夫がワイシャツを仕事で着るからには、

  • 清潔感
  • パリッとした見た目

が何より大事です。間違っても、よれよれしていたり、汚れていたり、擦り切れているような気配があってはなりません。ということは、そのような見た目を効率よく保つには、短期間での買い替えが一番なのです。

新品の清潔感にかなうものはない

確かに高めのクリーニング店に出せば、仕上がりはパリッとします。けれども冒頭で書いたように、我が家では自宅で手入れすることにしたのです。

結果として、どうしても毎日着るワイシャツは、新しいもののパリッとした感にはかないません。特に夏に着るワイシャツはその傾向がさらに大きくなります。

高級品も安いものも、布以上でも布以下でもない

ワイシャツのような衣類の価格帯については悩んだ時期がありました。

  • 高いワイシャツを買って長く着る
  • 高すぎないワイシャツを買って短期間で入れ替える

両方のパターンを試してきましたが、現在は後者を選択しています。ワイシャツはどんなに良いもの、場合によってはオーダーを買っても、布なので布以上にはなれません。

著名人も高級シャツに固執していない

元マイクロソフト社長を務めたことのある成毛眞さんという方も、著書の中で「高価なシャツを長く着るより、ユニクロの新品のシャツを買って着る」方が断然、見た目が良く、「相手も低価格のシャツだとはわからない」というようなことを言っています。

林望さんという作家の方も、「ユニクロのシャツを着ている」ということと著書の中で言っていました。

要は目的を果たすことが大事であって、シャツの価格が重要なのではないということです。

さいごに

まもなく6月になろうとしています。そろそろ今年の夏の夫のワイシャツを買う時期です。特に夏物は汗をかいて消耗しますので、衣類も汚れやすくなります。今回も例外なく、新しいワイシャツを用意します。

自分の手入れで何とかしようとするにも限界があります。新品が持つパリッと感にはかないません。無理をしないで、買い替えで目的を果たすことにしています。

夫の仕事用に限らず、似たようなことは女性の衣類などにもあてはまります。

衣類の入れ替えなどの、参考になればうれしいです。