簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

「夏には○○を着る」という思い込みを捨てる



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210612123036p:plain

「夏は半そでを着る」

 

この思い込みを捨てることにしました。

ただしそうすると、少し困ったことが起きます。

 

それは、買っていい服が一切見当たらなくなることです。

それもそのはず、夏になるとお店も通販も、売っているのは半そでばかりなのです。

 

つまり、買っていい服がない。

 

けれどもこの状態は、良い面があります。

それは、余計な服を増やさず、買い物で散財するおそれが一切なくなることです。

 

考えてみれば、夏が来たからと言って、新たに買わなくてはならない法はありません。

昨年着た服があるし、春に着ていた服を夏に着ることもできます。

 

そこにあるのは「長袖では夏は暑くてムリ」という思い込みです。

試しに一度、長そでを着て出かけてみればいいのです。

 

考えてみれば、半そでの上に、「紫外線対策」と称して、結局長袖のカーディガンを羽織ったりしていませんか。

だったら、初めから薄手の長袖を1枚で着るほうが簡単だし、涼しいのです。

 

長袖を着ていれば、虫に刺される危険も減り、日焼け止めクリームを塗る手間も省けます。

考えてみれば私たちはこれまで

「夏は半袖を着る」

という習慣にまどわされていただけかもしれません。