簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

「夏はTシャツを着なければならない」は思い込みでした



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

今年の夏は、ほぼ全くTシャツを着ていません。これまで、夏といえばTシャツを外せないものと思っていました。けれどもそれは、思い込みで『Tシャツは何枚あってもいい』のような広告のキャッチフレーズに、少なからず影響されていたのだと思います。

もちろん、Tシャツが好きな方、Tシャツを着ることが心地よいと感じる方は、それを続けて良いのです。洋服の着用感は個人差があります。また、同じ人物でも、時と場合により心地よいと感じる感覚が変わることもあります。

例えば筆者は昨年まで夏はTシャツを愛用していました。おそらくそれは、エアコンの使い方にも要因があるようです。昨年までは、気温が比較的低い夜間や早朝はエアコンを弱めに設定していました。けれども今年は、自分が快適だと思う気温で設定することにしたんです。

結果として、昨年までは半そでやTシャツが必要だと感じました。けれども今年は屋外も屋内もずっと長袖を着ています。また「室内はカットソー素材」も思い込みだと気づいたので、試しにカットソー素材の衣類を着ないで過ごしたら、まったく問題ありませんでした。

というわけで、何枚か部屋着としてのカットソーはなくてもよいと判断して手放しました。カットソー素材はインナーだけになりました。

若い年代の人が着るカットソー素材の服は、活動的で良いと思います。けれどもアラフィフの私がカットソー素材の服を着ると、他人から見てどうかという以前に、自分が落ち着かないのです。反対にレーヨンシャツのような襟付きシャツを着ると、気分がすっきりして落ち着きます。それでいて、着心地は全く窮屈ではないし、軽くて楽です。

楽な衣類といえばカットソーだと思ってきましたが、カットソーを着なくても楽な服はあるのでした。そのことに気づいたら、室内限定のカットソー衣類をそんなに持たなくても良いわけです。

「夏は、カットソー素材の代表であるTシャツを着なければならない」のは思い込みだったのです。夏に限らずオールシーズン、リラックスのためにカットソー素材の服をキープしなくてはいけないことはないようです。

もちろん、この感覚は個人的なものです。人によっては「やっぱりカットソー素材の服がいい」ということもあるでしょう。そういう場合はそれぞれの「良い」と思う感覚を優先すれば良いですね。

大事なのは、「フツーはこいうだから」という理由で選ぶのではなく、自分が快適だと思う選択をすることです。