簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

毎朝はじめた健康的で気分爽快になる習慣・運動のための運動はムダ



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210513092123p:plain

はじめに

今回は、「毎朝、新たな習慣をはじめました」という話をします。よく考えてみれば「運動のための運動」はムダです。以前からこれには気づいていましたが、最近あらためて行動を効率化することにしました。

もくじ

「運動貯め」はできない

今の時代、意識して体を動かさないと運動不足になります。そこで運動を日課にするわけですが、ここで困ることが起きます。それは運動というものは、貯められないことです。

例えば、「今日たくさん運動して、一週間は家でゴロゴロしてよう」みたいなことは基本的にできないわけです。つまりほとんど毎日運動することになります。

ところがこれまた困ったことに、運動は時間を必要とします。結果として運動に使った時間とエネルギーは家事やその他の行動に影響します。

もちろん運動することで、意欲がわいたり体調がよくなる効果はあります。けれども時間と体力とエネルギーを使うことには違いありません。

「嫌いな家事」に目を付ける

そこで目を付けたのは、私が最も敬遠したい風呂掃除でした。風呂掃除は、浴槽は毎日レック 【激落ちくん】お風呂丸ごとバスクリーナー 1本を使い、水洗いで、それ以外の床や壁や排水溝は基本的に週一回していました。けれどもこれが嫌で仕方なかったのです。

そこでひらめきました。「嫌ならとことん向き合ってやろう」と。例えばインフルエンザの予防接種をするとき、注射がさされる様子にから目を背けると、かえって恐怖心が増します。つまり嫌いになります。ところが注射される様子を凝視すると、意外と平気になれたりするものです。(と言いながら、私は注射の様子を見ないのですが・・笑)

毎朝風呂掃除をすることにした

f:id:chakuma2017:20210513092311p:plain

つまり毎朝、風呂掃除をすることにしました。しかもこれまで水洗いしかしなかった浴槽もすべて洗剤をつけて洗います。当然、こんなことをすると時間がかかります。だいたい20分くらいかかります。

ところが風呂に入るとき「今朝洗ったばかりだ」と思うと実にすがすがしいのです。また「そろそろ風呂掃除しないと」という憂鬱な気持ちになることもありません。

ついでにトイレも掃除する

さらに調子に乗り、風呂掃除ついでにトイレ掃除も毎朝やってしまうことにしました。これまでトイレ掃除はしぶきが飛ぶことを考えて夜、入浴前に3~4日ごとの掃除頻度でした。これを風呂掃除ついでに、毎朝やってしまう。

ちなみに服装は、寝ているときの服のままで、頭に古くなった帽子と顔にはマスク(汚れが付着するのを防ぐため)と眼鏡、風呂はゴム手袋、トイレ掃除は使い捨て手袋をしています。掃除が終わったら、着替えて帽子とマスクを洗濯機へ、眼鏡を洗います。

そのあと運動らしい運動をする

さらにこの後、基本のラジオ体操、スクワットその他の運動らしい運動をします。このくらい動くとかなり体が温まります。これは体に良いことしかありません。おまけに水回りがきれいになって一石二鳥です。

運動のために運動するというのは、本来ムダです。なるべくそのエネルギーをほかの何かに向ければ運動のための運動はいらなくなります。

ちなみにですが、朝食の準備は風呂掃除前に作ります。

さいごに

風呂掃除は嫌いだし面倒です。でもあえてそれを運動のために組み入れることにしました。ついでにトイレ掃除も始めたので、毎日気分よく使えます。すでに3週間ほど経過しました。

さらに体が温まり、冷え対策にもなりジムに行ったりという時間も必要ありません。ゼロ円です。