簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

使いやすさ重視・3.5合炊飯器をふるさと納税返礼品で手に入れました



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

はじめに

少し前に注文していたふるさと納税返礼品が届きました。今回の返礼品は3.5合炊飯器(IH)です。

f:id:chakuma2017:20211218063835j:plain

【ふるさと納税】[新潟産] 東芝IHジャー炊飯器 RC-6XM(R) 3.5合 [0160]

 

まだ、開梱はここまでしかやっていません。2,3日中に開けるつもりなので、その時改めて紹介します。

この炊飯器を選んだ理由

ちなみにですが、今回この炊飯器を選んだ理由をお話ししますね。

現在、我が家は3人家族です。3人なら普通は5合炊きタイプを使うと思います。でも我が家では、5年くらい3合タイプを使いました。

昨年、一時的に5合タイプを使ったのですが、使いこなせずリサイクルに出しました。

そもそもですが3合タイプを使ったのは、釜が小さくて軽いと扱いが楽なんです。でも正直、わずかに3合だと若干容量が少ない。だから「3.5合がないかな」と探していました。

なぜ3.5合か

ご飯は3合で間に合いますが、炊いたご飯を返す作業がしにくい。マックス3合を炊くと、炊飯器からこぼれそうになります。また炊き込みなら2合分くらいしか無理です。

わずかなゆとりが欲しいだけなので3.5合が理想。「大は小を兼ねる」というけれど5合にしてまうと炊飯器本体が大きく場所をとる。釜が大きくて重いから洗うのが大変。

本当はマイコンが良かった

欲を言えば、IHではなくマイコンでよかったのですが、(AGEの観点)3.5合タイプの商品自体が少ないのです。それで今回は、IHですが、「ふるさと納税返礼品なら」ということで、この品を選びました。

5合のマイコンタイプを買おうかと考えましたが、3.5合を探しました。そしたらあったのです。ちなみにマイコンとIHの違いは、価格の違いと過熱法の違いです。マイコンは安く、IHはマイコンより割高です。

炊飯器は用途に合えば値段はあまり重視していませんでした。安いに越したことはないけど。

一般的にIHのほうがおいしく炊けると思われています。私は個人的に、大差ないと思っています。むしろマイコンのほうがIHより炊き上げる温度が高くないので、本当はAGEの観点でマイコンを使いたいのです。

今回はマイコンではなく、容量を重視してIHですがこの点は妥協しました。


 

アマゾン通常品はこちら(記事執筆現在タイムセール中です)

東芝 炊飯器 3.5合 IHジャー炊飯器 保温白米24時間 RC-6XM(R)

ふるさと納税限度額は詳細までシミュレーション

さて、この炊飯器分のふるさと納税をした段階では、ふるさと納税限度額の概算で出していました。

 

www.kurase.com

 

それで終わりにしても良いのですが、せっかくなので詳細を計算、1円単位でシミュレーションしました。それによると、さらに1万5千円くらいできそう。

さいごに

今年最後のかけこみふるさと納税ですが、何を返礼品に選ぶかこれから考えます。今なら楽天マラソンもやっていますので、お得は逃さないようにしたいです。