簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

非日常の世界!梅雨空散歩の楽しみ方と6つのメリット。雨散歩って楽しいよ。



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

今回は、「雨散歩」の魅力をお伝えします。

「え?なんでわざわざ、雨に散歩するの?信じられない!」

という、そこのアナタさま。ちょっと待ってください。それでは梅雨時特有のメリットを見過ごしてしまいますよ。

雨散歩の、何がいいのか伝えてみる

1・誰もいない、静か

普段は老若男女でにぎやかな公園や街も、雨の日は静かです。仮にいたとしても、みんな傘をさしているので顔が見えません。みんな足早に通り過ぎます。

状況によっては、近所に一歩出ると誰かしら知り合いに会ってしまう、それはいいけどだからめんどくさいことがある・・ってことがあるんですよね。でも、雨の日はその頻度がガクッと減ります。

つまりは自分の世界にひたって、マイペースで散歩できるというわけです。

6月に入り梅雨が近づいています。日本気象協会によれば、2024年の梅雨入りは全国的に平年並みの予想が出ています。

「梅雨は雨が降るので外出しにくい」

と、ゆううつになっているとしたら、それは大間違いです。

2・気温がちょうどいい

雨が降っていても、気温が20度前後なのでちょうどいいんですね。それが冬の雨なら少し濡れると風邪をひいてしまいますが、この時期は防水対策さえしてれば、そういうことはありません。

梅雨が明けると一気に猛暑になります。今のうちにこの適温ライフを楽しまないと損です。

3・日差しが弱い

紫外線はそこそこ出ているので、油断は禁物ですが、日差しそのものは弱いので過ごしやすいです。

これが梅雨明けで晴天ともなれば、日差しが強くて紫外線対策や暑さ対策が必要です。けれども梅雨空は日差しが弱いので、楽なんですね。

日差しが強い夏は日影を探して歩く感じですが、梅雨空は雨こそ降っているけれど、歩きたい場所を歩けます。

4・空気がきれい

晴れた日はホコリっぽいことがあります。ところが雨が降ると空気がきれいになりますね。

ついでにその辺も雨で洗い流されるので、基本きれいです。今や一年中、ホコリっぽいことがありますが、雨の日は安心して空気を吸える気がします。

5・梅雨に満開の花が美しい

梅雨時に最盛期の花は多いですね。あじさいや、あやめなどです。これらの花は有名な場所に行かなくてもけっこう、咲いている穴場は多いです。

そしてこれらの花は、雨にぬれるといっそう輝きを増すといううれしい特徴があります。

仮に、有名なあじさいや、あやめの名所に行く場合も雨の日はすいている可能性が高いですね。

6・虫の活動がまだ活発でない

蚊や蜂などのイやな虫も、梅雨までは活動が本格化していません。仮に活動していても晴れの日は活発に動きますが、雨の日は人間だけでなく虫も活動停止気味です。

筆者は軽い虫アレルギーがあり、蚊に刺されると普通の人より腫れがひどいんです。だから、外に出るときは虫対策を万全にしています。とはいえ、梅雨時はまだ余裕があるのでいいんです。

梅雨空散歩の服装と持ち物

梅雨空散歩の持ち物と服装を紹介しますね。

防水のシューズを履く

雨の日のおすすめはゴアテックス素材のウォーキングシューズです。ちょっと割高なんですが、一足あると重宝しますよ。

ゴアテックスとはアメリカ生まれの防水素材のことですが、すごいのは防水しながら湿気は逃すという透湿効果があるんですね。

雨の日のくつというと、長ぐつが浮かぶかもしれません。悪くはないですが、長ぐつって蒸れるんですよね。それと雨の日限定ですがゴアテックス素材のシューズはオールシーズン全天候履けるのがいいんです。雨が上がっても変じゃないんです。

折りたたみ傘を持つ

本格的な雨ならば、好きな長傘を持てばいいのですが、筆者はいつでも小型の折り畳み傘を使います。

理由は軽いからです。軽さは散歩の命です。傘といえども持ち物が軽いと楽ですよ。

霧雨程度なら傘なしで歩く

小雨未満の霧雨程度なら、傘なしで歩くのがおすすめです。

もちろん折りたたみ傘は持参しますが、つば付きの帽子をかぶり、その上にウィンドブレーカーなどのを着てフードをかぶせると、風でフードがはずれにくく、視界もききます。

両手が開いていると身軽ですよ。

タオルハンカチ2枚

タオルハンカチ2枚持参するといいです。それとポリ袋2枚。濡れたものを拭いたり、折りたたみ傘をしまうのに、ポリ袋があれば便利です。

飲み物

水分不足にならないように飲み物を持参します。街中では自販機もありますが、ミニボトルであればかさばりません。不足したら自販機で買います。

雨散歩の注意点

雨散歩は、無理をしないようにします。体調がいまいちの日、強風、防風、豪雨の日、夕方~夜間はさすがにやめましょう。

まとめ

さいごに

今回は「雨散歩って、けっこう楽しいよ。梅雨空散歩の楽しみ方と6つのメリット。」という話をしました。参考になればうれしいです。