簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

洋服をしょっちゅう買わずに済むコツ



こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20210528154332p:plain

はじめに

洋服のことばかり考えて、疲れてはいませんか。同時にしょっちゅう洋服を買い、その割にたいして着ないで処分する羽目になっていないでしょうか。

今回は、洋服をしょっちゅう買わずに少ない服で満足しつつ、あまり洋服のことを考えずに済むコツを紹介します。

もくじ

 

きちんとした服で、迷いもバリエーションを減らす

洋服をしょっちゅう買っているのに、なぜ着る服がないのでしょうか。答えは簡単です。カジュアルな服ばかりが多いからです。カジュアルな服のほかには、ナチュラル系の服が多いから着るものがないということもあります。

だいたい「着る服がない」と思う状況とは、「少しレベルアップしたおしゃれをしたい」と思ったときです。

つまり服がないのではなくて、きちんとした服がないのです。だからいつも服選びで悩んでいるのなら、いっそ発想をがらりと変えてみる必要があります。

ご近所服がありすぎる

f:id:chakuma2017:20210528154359p:plain

ご近所服のようでも「実は結構値段が高い」服は存在します。けれどもこの手の服は、値段が高いわりにそうは見えない欠点があります。

また、ご近所服はついつい買ってしまいやすいのです。「着る服がない」状態はつまり、ご近所服はあるけれど、ちょっと電車に乗って出かけたり、ママ友ランチに行くようなちょっとおしゃれした服がないということです。原因は9割がご近所服の割合が多すぎることです。

ご近所服は「ある」と思えない

ご近所服の割合が多いと服を買っても買っても「足りない」気がします。だから余計に買ってしまいます。

一方できちんとした服は、その存在をおおいに自覚します。例えば礼服がその例です。

礼服とまでいかなくても、一度きちんとした服を取り入れてみましょう。するとクローゼットの中の、ご近所服に対してメリハリがつきます。いざ、出かけることになっても慌てないで済みます。

一度満足すると、もう洋服をそれ以上買わなくて済むようになります。

さいごに

これまでさんざん、洋服の買い方、持ち方、選び方には迷い試行錯誤してきました。その経過をつづった書籍を書きました。よろしければご覧になってみてください。