簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

広告に出ていた新築マンション「駅から徒歩〇分」は、本当か。散歩ついでに歩いてみた結果



こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20210530160835p:plain

はじめに

今回は、たまたま広告出ていた新築マンション「駅から徒歩〇分」が、実際は何分かかるのかを歩いて試してみました。

毎日、散歩をしているのですが、「今日はどこを歩こうかな」と思ったとき、広告のマンションまで歩くことを思いつきました。ちなみにマンションを買う予定はありません。

もくじ

 不動産広告の「駅から徒歩〇分」とは

不動産広告には「駅から徒歩〇分」の表示が出ています。徒歩1分は80mです。グーグルマップで確認すると、広告にある「駅徒歩〇分」は、ほぼ同じでした。

さて、今度は実際に歩いてみました。ちなみに私が歩く速度ですが、現在はやや遅めです。とはいえ、とりあえずは目的地まで歩いてみました。

実際は倍近い時間がかかった

それでは結果です。その日に私が歩いた場合ですが、不動産広告及びグーグルマップ表示の倍近くかかりました。思ったより時間がかかりますね。

その理由としては、信号待ちの時間があることと、自転車の往来が激しく、立ち止まるような箇所があったからです。結果としてたどり着いたときには、広告やグーグルが表示した時間よりかなりかかりました。

実際の所要時間は条件で変わりそう

f:id:chakuma2017:20210530161004p:plain

とはいえ、歩くのが早い人や、早朝など往来が少ない時間帯ならば、確かに表示の時間で歩けるでしょう。けれども子供や通勤通学時間帯は、大目に時間を見る必要はありそうです。

これは立地にも左右されますが、その日歩いたルートは実際よりも時間がかかりやすい原因がいくつかありそうです。

一方で同じように歩いても、人の往来や信号の状態などで広告やグーグルマップ通りに歩けるところもあることでしょう。

さいごに

「徒歩〇分」はウソではないけれども、現場を実際に歩いてみないとわからないものだなあと思いました。

日々、散歩コース選びは何となく行っていました。けれども「不動産広告の表示時間を試してみる」という散歩コースも面白い発見がありますね。

日々の散歩コースで迷っている、または飽きてしまった方の参考になれば幸いです。同時に不動産広告の「徒歩〇分」について、1つの参考事例に読んでいただければさいわいです。