簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

一日ひとつ〇〇〇を15分やると、気がかりが消えてお金も貯まる



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

無意識に気になっていることがあると、活力が落ちます。活力が落ちると、なんでも面に感じるので、ムダ遣いが増えてしまいます。

そこで効果的な方法は一日ひとつ〇〇〇をすることです。すると気がかりが少しずつ消えて、前向きになり結果としてお金が貯まる家計に変化します。

一日一か所15分大掃除

方法は簡単です。一日一か所、どこでもいいので15分間、普段は掃除しないような場所を大掃除します。

○○○の正解は「大掃除」(15分でできる場所を一日一か所)です。

一日一か所15分大掃除の例

  • 食器棚の棚を拭く
  • エアコンのフィルター掃除
  • 空気清浄機のフィルターそうじ
  • 扇風機、サーキュレーターのホコリ取り
  • ガス周りの掃除
  • 本棚の掃除
  • 下駄箱そうじ
  • 浴室天井掃除
  • 玄関ドア周り掃除
  • 食器をハイターにつける
  • 白い衣類をハイターにつける
  • 靴磨き
  • 家じゅうの桟をそうじ
  • 窓ガラスみがき
  • 引き出し中身を掃除
  • PCキーボード周りを掃除
  • ペン立てを掃除
  • 端末を掃除
  • コード類、コンセント周りを掃除
  • クローゼット、押し入れの中を掃除
  • コード類の整理

実行個所は気分でOK

実行する場所は気分でOKです。もちろん、例えば曜日を決めてルーチン化でもよいのですが、どちらでもいいです。

どこか一か所でいいので、大掃除に手を付けるような場所を15分だけ掃除をすると、とても気分がすっきりします。

なんといっても掃除した箇所がきれいになりますよね。

疲れていたり、時間がない場合は小さい大掃除を

疲れていたり時間がない場合は小さな大掃除がいいです。たとえば上記の例では・・

  • PCキーボード周りを掃除
  • ペン立てを掃除
  • コード類の整理

などですね。

コツはやりすぎないこと

コツはやりすぎないことです。例えば普段、あまり掃除に熱心でない人がたまにやる気を出すと、やりすぎて本当の大掃除になります。

それですと続きませんから、

「もっと掃除したい。」

と思うくらいでやめることです。その代わり日替わりで少しずつ継続することを優先します。

毎日掃除する箇所+15分一か所大掃除

毎日掃除する箇所+15分一か所大掃除

の組み合わせを続行します。筆者の場合、何があっても毎日掃除することにするのはトイレと床全般です。

ただ、トイレと床全般、どっちを優先するかというとトイレです。

トイレは毎日掃除すれば短時間で終わります。また、この場所は汚れやすいですし、毎日掃除されていると感じるとセルフイメージもアップします。

大掃除でなければ手を出さない個所を少しつずつ続行する

大掃除でなければ手を出さない場所の掃除を、毎日ちょっとずつやるだけで、とても気分がよくなります。

そしてたいてい、掃除をすると不要なものが発見されます。このときに処分をすれば、持ち物が厳選されていきます。

買い物に行っても、余計なものを買わなくなります。余計なものを買わなければ、ムダ遣いが減りお金が貯まる家計に変化します。

15分大掃除の合間にムダに気づく

15分大掃除をしていると、たいてい何かしらの不用品が見つかります。それで次に買い物に行っても

「こういうものを買っても結局使わないでゴミになる。」

ということを実感できます。

まとめ

さいごに

今回は「一日ひとつ『大掃除』を15分やると、気がかりが消えてお金も貯まる」という話をしました。参考になればうれしいです。