簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

保険の解約。見直しに必要なのは恐怖に打ち勝つこと



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210710071502p:plain

 保険は一回入ると解約に恐怖がわく代物です。だから入るときはよくよく考えたほうがいい。

保険の見直しは家計の見直しにも有用です。日本人は保険に入りすぎだといわれています。知り合いや会社の昼休みに出入りする保険のおばちゃんが置いていく飴の義理につい、「よくわからないまま入ってそのまま」はよくある光景です。

保険は一度加入すると解約しない限り、下手すると生きているうちずっと支払い続けます。つまりものすごく高額な買い物をしているんです。

ところが途中で「これは不要な保険だった」と気づいても、今度は無意味な恐怖が出てしまって解約できない人もいると聞きます。

例えば「保険を解約した途端の病気や事故」というアクシデントを見聞きして怖くなってしまうわけですね。

確かに世の中にはいろんな人がいますから、そういう事例はゼロではないでしょう。けれどもレアパターンだから話として浮上するともいえます。

f:id:chakuma2017:20210710071638p:plain

そもそもですが、日本は様々な公的保険に代替の人は加入しています。その代表例が年金です。年金というと老齢年金のイメージありますが、万が一の時の障害年金、遺族年金の制度があります。

それだけじゃありません。社会保険では高額療養費制度があります。これは一定の医療費を超えたら差額が後で戻るシステムです。(個人的に希望した差額ベッド代などは別)

家を建てて住宅ローンを返済している方は、たいてい団信に加入しますよね。これは借主の名義人に万が一のことがあれば、以後の返済は免除されます。

このようにざっくりと制度を知っただけでも、民間の保険はそれほど必要ないことがわかります。

それよりも同じ額を使うなら、私ならそれをつみたてNISAやイデコで積みます。

すでに余分な保険に加入している場合、解約に必要なのは恐怖に打ち勝つ勇気だけです。

(※ただし注意点として、バブル時代前後などに加入した掛け捨てではない保険は、安易に解約はしないで、内容をよく確認するようにしましょう。)