簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

モンベルクールパーカを夏にヘビロテ!猛暑に着る服のおすすめ品。日焼け止めクリームいらずで着るほうが涼しい。



当ブログ「簡単に暮らせ」に訪問いただき、ありがとうございます。

こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はファイナンシャルプランナーです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

筆者が2年前から、夏にヘビロテしている、モンベルの衣類があります。

その名も「クールパーカ」です。

実はこれ、人気が出て品薄になることを恐れ、当ブログで紹介することを、ずっと避けていたものです。

理由は自分が買えなくなるからです。そのくらいに気に入っているということです。

モンベルのクールパーカとは

モンベルのクールパーカとは、長袖のパーカだけど、ものすごく通気性が良いトップスです。

似た印象がある服には、ユニクロのエアリズムUVメッシュパーカがあります。大きな違いは

  • 値段
  • 涼しさ
  • ネックの立ち上がり
  • 生地の厚み

です。

ユニクロと比較して、涼しさは断然、モンベルクールパーカが勝ります。

値段はモンベルなので、ユニクロよりは高いですが、品質に対して相応な価格だと思います。

少し高いとはいえ、ユニクロみたいに「2枚色違い買い」するような金額ではないですが、数千円で買えるので良心的な価格です。

一方で、ノースフェイスやパタゴニアなどの海外メーカーと比較すると、かなり割安という見方ができます。

モンベル クールパーカの特徴と仕様

商品の特徴

モンベル クールパーカの特徴と仕様を説明します。

  • 通気性が良い
  • UVカット効果あり
  • 撥水加工あり
  • 水辺でも快適
  • 手の甲までカバーできる
  • フードで顔をカバーできる
  • 小物を落としにくいファスナー付きポケットがある
  • 軽い
  • 涼しい

【素材】ポリエステル100%[はっ水加工]
【平均重量】160g
【カラー】ダークグレー(DGY)、ライトブルー(LBL)、ラベンダー(LV)、ターコイズ(TQ)
【サイズ】XS、S、M、L、XL、M ゆったり幅(M-R)、L ゆったり幅(L-R)
【特長】UVカット / フラットシーマー / ジッパーがあごに当たらない仕様 / 運動時にも揺れないジッパースライダー / サムホール
【ポケット】2個(ジッパー付き〈腰2〉)

出典:モンベル オンラインショップ

モンベルクールパーカを買ったきっかけ

2022年7月末に、初めてモンベルのクールパーカを買いました。

ウォーキングをするにあたり、長そで派の筆者は、あまりの猛暑

「何か良い衣類はないだろうか?」

と探しました。それで発見したのがモンベルクールパーカでした。

ところがネットを探しても、情報はほとんど見当たりません。楽天やアマゾンでも販売していませんから、口コミもないのです。

あとは自分で身銭を切って試すしかありませんでした。それで思い切って買ってみたというのがきっかけです。

www.kurase.com

着るほうが涼しい&丈夫

生地を見ると一目瞭然なのは、生地の薄さです。

「こんなに薄くて、洗濯で破れたりしないの?」

と思うほどです。この点は心配無用です。

また生地は薄いけれど、基本的に普通に下着をつけていればOKです。透けることはありません。

2022年夏は、一枚のウエアをほぼ毎日のウォーキングで着用しました。

ウォーキングから帰宅したら、その場で洗濯しましたが、当日中に乾きます。そして翌日、また着るということを繰り返しました。

それでも破れたり穴が開いたりすることはありません。ただし洗濯ネットに入れて洗っています。その点はご注意ください。

クールパーカ、購入の経緯

もちろん、洗濯のタイミングが間に合わないときは、別の衣類も併用しました。けれどもシーズン中、相当の回数着たことに変わりはありません。

そして翌年の2023年5月中旬に、クールパーカを2枚追加購入しました。これで手持ちは3枚になりました。

さらに今年、2024年6月末現在ですが、昨年購入した物を着ますので、今年は買足しをしないで済みそうです。

自分の目安としては、気温が25度以下なら、ユニクロエアリズムUVメッシュパーカを着て、25度超えや風のない晴天、日中長めに歩くときはモンベルのクールパーカを着ています。

ポケットにファスナーがついている

モンベルのクールパーカにはポケットがあります。さらにファスナーがついているため、モノを落とす心配がありません。

薄くて軽い、かさばらない

薄くて軽いので、着ても楽です。そのほか、持ち歩きする場合でも負担になりません。

軽い小雨なら水をはじく

撥水加工があります。そのため、短時間のちょっとした小雨であれば、びしょぬれになることを予防できます。

大雨で傘を差しても肩や腕が濡れそうなとき、クールパーカを羽織ると防水対策になります。

濡れなければ体が冷えにくいですよね。

UV効果

UV効果があるため、日焼け止めクリームを塗る手間が省けます。

日焼け止めクリームを塗ると、ボディソープでしっかり洗う必要があります。この時に肌荒れすることもあります。

ところが、着ることでUV効果があるこのパーカなら、日焼け止めクリームを塗る手間が省けます。

時短と肌荒れ対策になります。

ネック部分の立ち上がりがあるので首が日焼けしにくい

ネック部分が絶妙に立ち上がります。そのため、首が日焼けしにくい構造です。そうかといって、ピッタリしすぎてもいないため、暑いこともありません。

適度に紫外線を予防しつつ、通気もある構造です。

ひもがないのでシンプル

フードにひもがないので、シンプルです。

サイズ感は、ユニクロより若干スリム気味

サイズ感は、ユニクロUVエアリズムメッシュパーカと比較して、ややスリムよりです。ですが、同じサイズ表記で判断してよいと思われます。

例えばユニクロではMがちょうどよい方は、モンベルクールパーカもMという感じです。ただ、いくらかモンベルのほうがスリムよりですので、好みによって判断してください。

モンベルクールパーカの注意点

絶賛しているモンベルクールパーカですが、若干デメリットがあります。それは主にデザイン面です。

ユニクロエアリズムUVメッシュパーカと比較すると、アウトドアの印象が強いので、タウン着としてミックスするようなコーデはむずかしいです。

とくに袖上部にある、モンベルのロゴと、ファスナーが身頃の色と違うので(メンズブラック以外)タウン着に使いにくい点です。

タウン着としてであれば、ユニクロUVメッシュパーカがすぐれています。

実店舗が少ないため買いにくい

どこにでも店舗があり、通販でも買いやすいユニクロなどと違い、モンベルは「買いにくい」ことがデメリットです。

実店舗も多くはないため「実店舗で現物を見て、通販で買う。」ようなこともしにくいでしょう。

モンベルは通販としては、公式サイトが基本です。アウトドア製品を扱う通販サイトも、モンベルの衣類は扱いがないか、少ない印象です。

実店舗の場合、直営店もそれほど多くはありません。扱い店も、見つけるのは難しい印象です。地方は特に難しいかもしれません。

公式通販サイトでも、在庫数は少なく人気の品は早めに売り切れます。

ネット上に口コミも少ないです。理由として、モンベルのアフィリエイトがおそらくほとんどないので(詳細は不明、少なくとも楽天、アマゾンのアフィリエイトはほぼ見当たりません。)、アフィリエイターが紹介しないからということもあるでしょう。

というわけで、実店舗で現物を確認するのが難しい方の場合は、公式サイトなどで、実際にいきなり買うしか方法は基本的にありません。

ただ、筆者は実店舗に行こうと行けば行けるところに住んでいますが、通販で買いました。

それで今のところ、モンベルの買い物は失敗したことがありません。すべての方にお勧めする方法ではありませんが、参考まで。

まとめ

さいごに

今回はモンベルのクールパーカの紹介をしました。2年前からヘビロテしており、夏には皮膚の一部と化している衣類です。

暑い→半袖

の常識を覆す素晴らしい衣類です。

これまで、自分が買えなくなることをおそれて紹介を避けていました。ですが、良品なので、思い切って紹介を解禁(笑)します。

参考になればうれしいです。