簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる暮らしの追及

モンベルのワッフルハットはハンズフリーでかぶるだけで涼しい・まるで疑似日影・猛暑から守ってくれます



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

猛暑の夏は、日差し対策が大事です。一般に帽子や日傘を使う方法があります。私はもっぱらハンズフリーで使える帽子を活用しています。

今回はモンベルのワッフルハットについて紹介します。

帽子は素材選びが大事

ただし帽子は頭に密着するので、かえって暑く感じることもあります。そのため素材選びが大事です。

いろいろな帽子を試した結果、現状では昨年からヘビロテしている、モンベルのワッフルハットが最適です。

モンベル | オンラインショップ | ワッフルハット

かぶると頭と顔回りの体感温度が下がる気分

モンベルワッフルハットは、頭の部分がメッシュで通気性が良いです。けれども外から見たときにはメッシュ状とは見えません。

また、灼熱の炎天下でも、ワッフルハットをかぶると体感的に温度が下がる気がします。これまでの人生の中でかぶった、どの帽子よりも頭が暑くないです。

通常の帽子は、日差しはさえぎっても、蒸れる、暑いと感じます。ところが遮熱効果があるのかどうか、ワッフルハットをかぶるとふっと暑さがやわらぎます。それでいて蒸れないんです。

より涼しくかぶるために今年はワンサイズ大きいサイズを選びました

ただし、昨年はジャストサイズのMを使っていましたが、今年はLを選びました。実際にかぶったら、少し大きいけれどゆとりがある分、より蒸れにくい気がしました。

ちなみにサイズ感は、通常と同じで良いと思います。女性ならM、男性ならLという感じ。ただし私のように、意図的にサイズを変えたい場合は、選び方を工夫してください。

また、昨年購入した色はベージュだと思ったら、(LTNというカラーです)グリーンのような微妙な色でしたので、ブラックLを2枚買いました。

 

 

ハットストラップをついでに用意しよう

さらに重要な点として、風でとばされないようにハットストラップを合わせて購入しました。ハットストラップに880円?と思いましたが、こういうものはケチらないほうがいい。

モンベル | オンラインショップ | ハットストラップ

そしてモンベルのハットストラップは、万が一のときは、外れる仕様になっている工夫がされているようです。

考えたこともなかったのですが、さすが登山メーカーですね。

ワンサイズ上げていることもあるので、ストラップがあれば風で飛ばされる心配がいりません。

都心部はけっこうビル風が吹くので、ストラップは必需品です。

公式サイトか直営店でないと手に入りにくい

ただしデメリットとして、公式通販サイトか、直営店でなければ扱いがないので手に入りにくい点です。

けれども現時点では、在庫がまだあるようですから、気になる方はチェックしてみてはどうでしょうか。

さいごに

涼しくかぶる帽子はもしかしたら、ほかのアウトドアメーカーからも出ているかもしれません。けれどもモンベルの帽子の良い点は、なんといっても品質が良いのにコスパが良いことです。

紫外線対策としては、日傘派、帽子派、使用場所に応じて・・といろいろな選択があります。私の場合は常に両手が開く帽子派です。

まだまだ猛暑が続きます。参考になればうれしいです。