簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

知らなかった!有料のPCセキュリティソフトは、もう不要でした。



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210718123747p:plain

はじめに

今回は

「パソコンなどに、現在では有料のセキュリティソフトは不要です。Windowsに搭載されているWindowsDefendr(無料で初めからついているセキュリティソフト)で十分です。」

という話をします。

私は何も知らずに有料のセキュリティソフトを更新していた

実はこの事実を知ったのは、私は何も知らずに有料のセキュリティソフトである「ウィルスバスター」を2年更新(お金を支払った)直後でした。

 いやはや、「どっちが得か」以前に、そもそも不要だったのです。

www.kurase.com

 

パソコンには「ウィルス対策ソフトが不可欠」という一昔前の「常識」を変わらず信じていたのです。

ところが2年更新したばかりのあとに、興味深い動画を見つけました。それによると

「確かに10年ほど前は、有料のセキュリティソフトが必要だったが現在は、パソコンに標準搭載されているWindowsDefendrの精度が十分なので、有料のセキュリティソフトを入れる必要はない」

ということだったのです。

WindowsDefendrで十分であることに気づく機会がない理由

ところがこうした真実は、あまり知られていないと言います。それどころか、セキュリティソフトの有無をネットでググると、有料セキュリティソフトの比較サイトや必要性を説いたサイトがヒットしやすいそうです。

結果として、WindowsDefendrで十分であることに気づく機会がないというわけです。私もまさに、それに該当していました。

ところがユーチューブ動画は、言葉による検索とは別の動きをするメリットがあります。その成果今回は運よく、真実を説いた動画に出会うことができました。

下記に該当の動画を貼っておきますが、概要をまとめてありますので読んでもわかるようにしています。

参考になった動画の内容のまとめ概要

ウィルスセキュリティソフトを絶対に買うな

  • Windowsに標準で備わっているWindowsDefendrで十分
  • そもそも対策を必要とするウィルスには出会わない
  • ウィルス対策ソフトは、常駐してシステムに負荷をかける
  • セキュリティソフトが必要なパターンは、仕事で使用しているPCなど。けれども会社のPCはたいてい、すでにセキュリティ対策がされている
  • WindowsDefendrは、2007年に初搭載された
  • WindowsDefendrは、ほかのセキュリティソフトがインストールされていないと自動的にオンになる(から対策漏れはない)
  • WindowsDefendrを(このユーチューバーさんは)8年以上利用しているが、一度も不具合にあったことはない
  • (多々PCを使っているが、国家機密や企業の重要な機密データを扱っているのでない限り)以前はウィルスの検出率が低かったが、2020年ではマカフィーより上でほかのセキュリティソフトと同等。
  • そもそもクラッキングなどに遭遇しない。
  • 10年以上前は確かにセキュリティソフトが必要だったが、現在はルーターをはさんでいるし、仮にそれを通り抜けてもWindowsDefendrがガードしてくれる。これ以上のセキュリティは不要。

結論

  • セキュリティはWindowsDefendrで十分。
  • セキュリティソフトを入れることでPCが重くなり負荷がかかる。
  • PCを買うとマカフィーやノートンがインストールされているが、アンインストールしておこう。
  • 多くのブログなどで、セキュリティソフトの比較があるのは、アフィリエイト収入を得る目的があるから。
  • 1円も儲からないWindowsDefendrを紹介しているサイトは神 

 


www.youtube.com

さいごに

 今回は、有料のセキュリティソフトを2年更新したばかりでした。だからそれは引き続き使いますが、以後は更新をしないことにします。

危うくムダなお金を使うところでした。というか、もう使ってしまったのですが、今のタイミングで気づいたのでセーフでしょうか。

皆さんも、有料のセキュリティソフトを入れている場合は、上記動画を参考に考え直してみることをおすすめします。

ただし最終的な判断は、ご自身の責任でお願いいたします。