簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる暮らしの追及

人間が持つ不思議な力・果物の皮をむく手間と身体の機能



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

f:id:chakuma2017:20211127082246j:plain

はじめに

今回は、果物の皮をむくことを通して、人間が持つ不思議な力と可能性の話をします。

「果物の皮むきがめんどう」

などと思っている方に特に読んで頂きたい話です。

もくじ

果物を積極的に食べる意外なメリット

皮むきが必要な果物を食べる習慣は、意外なメリットがあるんです。

 

皮むきすることは、手先を繊細に動かし使うことです。

これは同時に、必然的に体の機能につながるでしょう。

 

私は数年前の病で右にマヒがあります。

リハビリを重ねて様々な動作が可能になりましたが、その中でも最も難易度が高く恐怖心があったのが「果物の皮むき」でした。

 

当然ですが、リンゴの皮をむいて手が滑れば、大けがします。

だからリンゴの皮むきは優先順位を考慮すると、後回しにしていました。

 

ところが日々、家事の一環の中で、気が付けばリンゴの皮も自分でむくようにしていました。「面倒くさいけど、リハビリだ」と思えば、意外と面倒に思えなくなります。

そして気が付けば今では、リンゴの皮も、難なくむけるようになっていたのです。これは意識していませんでしたが、ある日気づいたんです。

「あれ?そういえば私、リンゴの皮をむいている!」

と。

ラフランスの皮むきでリハビリ開始

もちろん、リンゴの皮むきは病後、初めからできたわけではありません。

恐怖心があり、はじめはピーラーを使ったり、そもそも皮をむかない食べ方を活用したりしていました。

けれども、ある時スーパーで目に付いたラフランスを見てひらめきました。

ラフランスは、皮がやわらかいので、

「これなら安全に皮をむけるかもしれない」

と思ったのです。

早速ラフランスを買い、皮をむいてみました。

はじめは怖かったのですが、皮も実もやわらかいので、なんとかむくことができました。

参考商品(上記画像の品ではありません)

\只今、お届け中/ ラフランス 訳あり 山形県産 2kg お徳用 ワケあり ジューシーなフルーツ 果物の女王様 山形県産 洋梨 産地直送の新鮮さ お取り寄せ 通販 【送料無料(九州・沖縄は除く)】 食べごろ 食べ方 パーティー

リンゴの皮むきでリハビリ

そのあと、リンゴの皮もむき始めました。

 

そして、普通にリンゴの皮をむいていることに気づいたのです。

 

今も右の感覚は大差ありません。だから相変わらず、ほとんど感覚はありません。

だから目視とカンでリンゴの皮をむいています。

この状況は、極端な話、リンゴの皮をむけなくても当然という見方があるでしょう。ところが私の場合、現状は機能に問題があるのに(感覚がないなど)結果としてリンゴの皮がむけるので、なんでもむけます。

ラフランスは楽勝です。(ちょっとぎこちない断面ですが)

機能は使わなければ埋もれていく

私は数年前、病で右半身の感覚を失いました。感覚だけでなく、動きもいろいろ課題はあります。(見た目には、ほぼ気づかれません)

医療機関でリハビリを受けましたが、それ以後は自分で積極的に「機能を使う」ことの大事さと体の不思議を良い意味で実感しています。

もちろん、希望的なことだけではなく、ときにやるせなさを感じたり、因果関係がわからずに不安に陥ったりと、その経過は一言では表せない日々があります。

一方で、痛感するのは

「体の機能は、使えば因果関係とは違うところで活動しはじめる」

ことの可能性です。

体の機能の不思議

病後はリンゴの皮むきができなかった

例えばリンゴの皮むきは、普通、手指の感覚がないとうまくむけないでしょう。実際、当初は病直後は全くむけませんでした。

というよりも恐怖が先に立ち、ナイフとリンゴを手にすることはできなかったのです。退院直後に、感覚のなさが災いして、軽くて小さいやけどをしてしまったこともあり、なお、「手指を使うこと」の課題を痛感しました。

ラフランスの皮むきでスタート

けれどもある時、思い直しました。たまたまラフランスが目に入ったのです。それがきっかけで、リンゴの皮もむけるようになりました。

ラフランスの皮は、リンゴと違って柔らかいので、手を滑らすようにするだけで、簡単にむけます。ただし、汁がしたたるので、使い捨て手袋をはめています。

感覚のない右手でできること

失われた機能もどこからか引っ張り出してくるようだ

あのとき、感覚を失ったことを悪い意味で受け止めていたら、決してリンゴの皮をむける今はなかったと思うのです。

人の体は不思議です。機能は使わなければどんどん失われます。一方で失われていても、使えばどこかから何らかの力を総動員してくるのです。

結果、どういう理屈なのかわわかりませんが、私は今、感覚のない右手で難なくリンゴの皮をむけるのです。

眉カットも顔そりもできてしまえる不思議

同様に、感覚がなく、時に震える右手ですが、そんな右手で眉カットはさみを持ち、眉をカットするし、剃刀をもって、顔のうぶ毛も剃っています。

普通なら

「危ないから絶対やめろ」

というところでしょうが、その辺は「あぶないからやらないほうがいいかどうか」は自分で判断しています。もちろん「危ない」と思うことは冷静にやらないようにしています。

理論上の「できない」と、実際に「できる」は違う不思議

おそらくですが、何らかの教科書があるとすれば、私の状態では「できない」はずの動作も、何らかの機能が働き「できている」という結果を生んでいます。

それは子供のころから自分で果物の皮をむいたり、マスコット人形を作るのに夢中になった経験だったり、といった、手先を使ったことを体が覚えているのかもしれません。

手指を使った経験が私を助けてくれる

そして、感覚などの機能が失われても、そうした過去の体の記憶を総動員して、本来は難航するはずの動作も、「できる」という結果を生んでいる気がしています。

小さなところでいえば「果物を皮をむいて食べる」という小さな習慣も同じです。手指を使った記憶が体に残り、たとえ機能が失われても、私を助けてくれるのです。

「めんどう」をこなすことは人間そのもの

最近はとかく「めんどう」を排除しようとすることが増えています。確かに私も効率化を取り入れることがあります。

一方で、めんどうをこなすのは、人間そのものであり、めんどうをすべて排除してしまえば、人間ではなくなってしまうように思えるのです。

さいごに

リンゴの皮むきに限らず、果物を皮をむいたり、野菜の下ごしらえをすることは正直めんどうくさい。

けれども「できて当たり前」のことが、ある日突然できない状況になってはじめて、「できて当たり前」ができるありがたさと、幸せの渦中にあることを感じます。

普通は「幸せ」って、心が高揚するようなことだと思いがちです。ところが実際はそうじゃない。

ウキウキしたり、わくわくしたり、笑みがこぼれるようなことじゃない、何気ない日常のあたり前の中にこそ、「幸せ」は含まれていると気づきます。