簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

スーパーで買い物する時間を減らす



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210309153941p:plain

最近、スーパーでダイレクトな買い物はほとんどしなくなりました。リアルに買うのは、週に1~2度切らした卵1パックとか、納豆とか、ブロッコリの買い足し程度です。

では、買い物をどうしているかというと、ネットスーパーと、主にアマゾンなどの通販利用です。 

理由は主に4つあります。1つに、時間節約です。リアルスーパーの買い物は、時間がかかるからです。2つ目は無駄な支出回避です。余計な買い物をして節約にならないからです。3つ目は風邪、その他の感染リスク回避です。4つ目は単純に重いものかさばるものを運搬する労力が大変だからです。

1つ目の時間ですが、自分が買い物する時間も時間がかかります。店内を移動するにしても、品物を選び、最後にレジ待ちの時間が長すぎます。セルフレジがある場合はましですが、それでも総合的に時間がかかります。

 2つ目の支出ですが、リアルに品物を見ると買う予定にないものを買いがちです。もちろん人によって多彩な品から選べる楽しみもあるとはいえ、買い物は短時間で終わらせたいのです。

3つ目の感染リスクですが、私はコロナ以前から、なるべく秋冬はリアル店舗には行かないことにしていました。

4つ目の運搬の労力ですが、以前は自転車を使っていました。ですので結構融通が利きました。ですが今は自転車を使えないので徒歩で行くとなれば、自力で持ち帰られる量と重量には限りがあります。 

自力でリアルスーパーで買っていると気が付きませんが、結局は大体同じようなものを買ってるんですよね。だったらネットスーパーや通販で買っても差し支えないわけです。

仮に多少、割高になるとしても無駄な買い物をしなくなるので、最終的には変わりありません。

こういう本も出ているほどで、将来的には人は買い物不要になるかもしれません。(この本は未読です) 

2025年、人は「買い物」をしなくなる

2025年、人は「買い物」をしなくなる

  • 作者:望月 智之
  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 買い物が娯楽替わりになっている人の場合は「信じられない」というところでしょうが、家族の買い物を統括する主婦の身としては、もっと負担を減らしていきたいです。

買い物をすることで意思決定に必要な思考の大半が奪われる感があるので、慢性的に披露している感があるんですよね。こういう労力から解放されたいです。