簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

教育費はどうやって貯める?児童手当とつみたてNISAをバランスよく活かす



こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20210320161631p:plain

はじめに

新学期は間もなくですね。お子さんの進学、新級に胸をふくらませていることでしょう。一方で気になるのは教育費の捻出ですよね。

今回は、教育費をどうやって用意するかについてのお話をします。

もくじ

教育費はどう捻出する?

子供の成長はうれしいんだけど、教育費のことは頭が痛いワ・・。

うん、そうだよね。
確かにお金はかかる。
まずは、それぞれの進学先が私立か公立かで大きく違ってくるよね。
幼稚園から大学まで私立ならお金のかかり具合はMAXだし、全部公立なら私立よりお金はかからない。
でも、大学進学で地方から都心に出てきて一人暮らしをするなら公立でも私立並みかそれ以上にお金がかかることもあるよね。

まだ先のことだから何とも言えないワ・・。

まだ子供が就学前で先のことはわからないなら、考えられる高いほうの予算を組む必要があるよね。
それから公立進学を希望しても、その通りになるとは限らないし。

でも、私立を視野に入れた予算なんて、金額が大きすぎてどうしたらいいかわからなくなるのよね。

それにはまず、見込める収入を視野に入れるといいよ。
ところで児童手当は受け取っている?

うん。受け取っている。

それって(児童手当)、入金されたらどうしてる?

わーい、入った!と思って、子供服を買ったり、休日に遊びに行くときの外食代にしている。助かるよね~!

児童手当は教育費のために手を付けない

う~ん、それって、来月からもうストップしようね。
児童手当はそっくり将来の教育費にまわそうよ。

え~?どうして?みんな、お隣のミーちゃんママも、りょうくんママも、児童手当はレジャーや洋服代にしてるって言ってたよ。自分のためには一円も使っていないよ。洋服だってユニクロの安いやつだし、外食だってサイゼリヤのランチとかだし。

確かにユニクロもサイゼリヤも、安くて良いサービス、商品だよね。でも、それに使わないで、貯めたら中学卒業までいくらになるか知ってる?

児童手当を貯めると元本分で198万円

え~とね、3歳未満は月1万5千円でしょ。4歳から中学生までは月1万円。ちょっと待ってね。え~と・・
ひゃ・・198万円!200万近く?そんなになる?

そうなんだよ。受け取った児童手当は手を付けないで貯めていけば、中学卒業までには、単純に200万円近くのお金ができるよ。
仮に高校入学時に必要なお金があれば、その時の資金にあてられるよね。でも、ここで使わないで、もう少し大学入学まで、資金は減らさなければベターだよ。

まあ、一応定期積金とか定期預金で使わないで貯めることにするよ。でも今ってゼロ金利だから、全然増えないよね。それに、200万じゃ全然、足りないかもしれないし。

教育費をどうやって貯める?

ところで「つみたてNISA」って知ってる?

うん、聞いたことはある。

じゃあさ、受け取った児童手当はそっくり「つみたてNISA」に入れてみようよ。

え~?でも「つみたてNISA」って投資でしょ?投資って昔から言うじゃない?「投資なんて、庶民が手を出すもんじゃない。」的な。

つみたてNISAってね、国が用意した制度なんだよ。投資って一口に言っても、ピンキリでいろいろある。つみたてNISAってのは、庶民が利用しても比較的問題のない商品を国があらかじめ選んであるんだ。つまりつみたてNISAってのは、決められた商品の中から選べばいい。さらに市場の数値に連動したインデックスファンドメインにすることかな。

でも、なんか難しそう。

つみたてNISAって、そもそもが投資初心者向けの制度だから、ネット証券他などにはわかりやすく説明が書いてあるよ。それに感情を挟まず、毎月決まった金額を積んでいくから、感覚としては定期積金みたいなんだ。実際は毎月決まったお金を出して、その時に変える分を買っているんだけどね。

定期積金感覚かぁ。それなら試してもいいかなあ。

つみたてNISAは複利効果が大きい

こういう買い付けの仕方を、ドルコスト平均法っていうよ。買い付け方も自動的に買うから手間もいらない。それと元本と利益を自動的に積んでいくから、複利効果も、大きなメリットなんだ。

複利効果って何?

投資した元本に利益が付いたとする。すると元本と利益をまた再投資していく。これは積み重なると、利息が利息を生んでいく仕組みだよ。つみたてにNISAは、20年かけて運用するから複利効果が大きくあらわれる。

児童手当を積んだだけでは足りない

じゃあ、受け取った児童手当をつみたてNISAで運用するとして、それだけでは教育費が足りないんだけど。

不足分は、別に用意して積んでいく必要があるよね。つみたてNISAの限度額は、ひとりあたり年40万、月にすると3万3千円使える。児童手当を全部入れても、まだ枠が残っているよね。それと夫婦2人分の枠を、どう配分するか考えてもいい。ちなみにつみたてNISAは延長が決まったよ。

万が一のためのお金は別に準備する

ところで、つみたてNISAに積んだお金が急に必要になったら解約できるの?

うん、大丈夫。つみたてNISAは、いつでも解約できる。だから、どうしてもお金が必要になったり、違う商品に変えたくなった場合でも解約できるよ。とはいえ、途中解約は、複利効果も消えてしまうことを意味する。順調に育っていた商品の場合は、よく検討をしよう。また、教育費と「万が一のための資金」は分けて用意することも大事だよね。

今まで何にも考えないで児童手当を使っていたけど、せっかくだから教育費として積んでいこうかな。

元本保証がある積立とない積み立てを併用する

うん。つみたてNISAは元本保証がないことも忘れないでね。例えばつみたてNISAで運用する分と、定期積み金や定期預金で積んでいく分を分けておくことも必要だね。それから児童手当だけでは教育費に足りないから、それ以外の分の積み立てもしっかり計画しておきたいね。例えば月の積立額はわずかでも、18年間積んでいくと元本だけでも以下のお金が貯まるよ。
月 5千円・・108万円
  1万円・・216万円
  2万円・・432万円
  3万円・・648万円

さいごに

万が一のためのお金は教育費と分けて貯めるなど、お金が混在しない工夫も必要です。

教育費のお金はたくさん必要だけど、時間を味方にすれば大学進学時くらいまでにお金を貯める時間があります。

また、児童手当など国から支給されるお金を、「なかったもの」とみなして積んで運用すれば中学卒業時には、まとまった資金ができます。

つみたてNISAと一般定期預金、定期積金を併用するなどして、子供の成長に伴って必要になる教育費を計画的に用意したいですね。

ざっくりと教育費に関する話をさせていただきました。参考とヒントになればうれしいです。