簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

節約は人間最大のエンターテインメント



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

実は節約こそが、人間最大のエンターテインメントなのです。

お金というシステムは、人間が発明した最大のゲーム

お金って、人間が発明した最大のゲームです。もともとお金に実態があるわけじゃありません。あくまで人間が生み出した概念(がいねん)です。

ところがこの、ただの概念に多数の人が振り回されている状態です。でも、なんだかんだ言ってお金は、ないよりもあるほうが便利です。

ところが大多数の庶民は、筆者をふくめてお金の使い方を工夫せざるを得ません。そこで手っ取り早くお金の不自由をなくすことに功を奏するのが、節約というわけです。

節約はゲーム

でも、節約にどんなイメージを持っていますか?

ガマン、びんぼうくさい、めんどう・・

一般にあまり良いイメージがないですよね。ただ、お金という性質そのものが、もともと実態があるわけじゃありません。

だから節約のイメージもはっきりとした実態があるわけじゃないですよね。

庶民がある程度限りがある手持ちのお金を、効率よく使うにはゲーム感覚が必要なんです。そのゲームのツールの一つが、節約というイメージですね。

過去、現在、未来に照らし合わせられる

欲望のまま、行き当たりばったりお金を使えば、それは動物と変わりありません。私たちは人間なので、理性を働かせることができます。

例えば、

  • 過去の事例に照らし合わせる・・過去に同じようなことがなかったか
  • 現状を把握する・・今、これは本当に必要か
  • 未来を予測する・・これを手に入れたら、将来どうなるか

このようにちょっと立ち止まって、考えることができます。過去、現在、未来に照らし合わせて行動を決めることができます。

例えば過去に、似たようなブランド服を買ってムダにしたことや、現在も以前のようにまた、ブランド服を買おうとしているけれど、過去のようにムダ遣いになりそうだと気づくことができます。これで近い将来、同じようなムダ遣いを予防することができるというわけです。

もちろん、過去と現在はともかく、未来は確定していません。だから絶対的なものじゃないんですが、それでもある程度のことは、ムダ遣いなどを制御できますよね。

節約の効率を考えるのもゲーム

ゲームが好きな人は多いですよね。節約もリアルなゲームです。限られた手持ちのお金というツールを、どうすれば効率よく使い、次々あらわれる「敵」に負けずに突き進んでいくのか、そんな感じなので、まさにゲームです。

ところがなぜか、お金のこととなると苦手意識があったり、口をつぐみ欲のまま、流されるままに使って後悔する人が多数います。

それはゲームはゲーム、お金はお金、節約は節約・・と物事を切り離してはあくしているからなんです。

リアルも遊びのゲームも、根本的な発想は同じです。

節約の極意は、世の中にあるツールを集めること

節約の極意は世の中にあるツールを集めることです。節約における世の中のツールとは以下のようなものがあります。(節約のほかお金を増やすツールも含みます。)

  • 定期積金
  • 自動振替
  • 新NISA
  • iDeCo
  • 見栄を捨てる
  • 固定費削減
  • 格安SIM
  • ものを減らす
  • ふるさと納税
  • 複利
  • 使ったつもり貯金
  • インデックスファンド

このほかにもまだまだ節約したりお金を増やすツールがあるかもしれません。

 

まとめ

さいごに今回は「節約は人間最大のエンターテインメント」という話をしました。

節約は難しいものでも苦しいものでもありません。

人間が生み出したお金という概念を効率よく使うための手段です。もっと積極的に節約に取り組んで人間最大のエンターテインメントをおもしろがりましょう。

参考になればうれしいです。