簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

ミニマリストが使っているスマホケース



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20211111091112j:plain

はじめに

今回は、ミニマリスト志向である私が使っているスマホケースを紹介します。

スマホケースを使う目的

スマホケースは目的は、以下の通りです。

  • 衝撃防止
  • サブの財布代わり
  • ストラップをつける
  • バックの中で目立たせる

それでは一つ一つ説明します。

衝撃防止

スマホは、精密機器です。

外に持ち出すこともあるし常に手元に置いてフルに使っています。

そんなわけで、うっかり落としたりすることもあります。

私の場合ですが、電車の中で怖い思いをしたことがあります。座席に座っていたら、目の前に立っていた人の手からペットボトル(中身入り)の多分、底の角が当たりながらが膝に落ちました。かなりの衝撃がありました。

膝にカバンを乗せていて、カバンに入ったスマホに直撃しました。膝に結構衝撃を感じたのでケースをつけていなかったら破損もあったかもしれません。(鞄を膝に乗せていたので膝を怪我しなかったので幸いでした)

その時はスマホを新しくしたばかりで、ケースも装着したばかりでした。

「もし、スマホケースを付けていなかったら」

と思うとぞっとします。

サブの財布代わり

f:id:chakuma2017:20211111091544j:plain

(財布部分を開いたところ)

私が使っているスマホケースには、財布にできるケースが付いています。

中には、予備のお金を少し入れています。

これは例えばこんな時によく役に立っています。

普段はApple Watchを使って支払いをしています。

ところが何らかのことが原因になってエラーになることもあります。

そういうときには、すぐに対応できない時、現金支払いに帰ることもあります。

そんな時スマホにお金が入れてあると、さっと取り出せて慌てなくて済みます。

このほか、「財布を忘れた」ときの予備になります。

ストラップを付ける

スマホにはストラップをつける派です。リングをつける方もいますが、個人的にストラップの方がいろいろ使いやすいと思っています。

スマホケースにストラップをつける穴があることで、ようやくスマホにストラップを付けられます。

ストラップをつける意味でもスマホケースを使っています

ストラップをつける目的は、

  • 落下防止、
  • 紛失防止、
  • 置き忘れ防止、
  • バックの中でスマホ見つけやすくするため

…です。

バックの中でスマホを目立たせる

この項目は上記のストラップをつける目的とも被ります。

このほか、スマホケースをバッグの中で目立つ色にすることでさらに見つけやすくなります。

バックの中は暗いので黒っぽい物は見つけにくいのです。

財布とか、キーホルダーとか、スマホカバーは、本当はシンプルなブラックやベージュ等を使いたいんです。

けれども、こうしたシンプルな色を使うと見つけにくくなって不便です。

ところが幸いにして私は女性なので、赤やピンクといった目立つ色も使うことができます。

もちろん男性が赤やピンクを使っても一向に構いませんが、やはりちょっと好みではないかもしれません。

私も本当は、年齢的にも赤やピンクを使うのははばかれるのですが、利便性を考慮して明るい色を使っています。

 

 

さいごに

スマホケースを使うことで、スマホ本体では不足していることを補うことができます。

スマホは必ず持ち歩きますので、本来ならばもっといろんな種類のケースがあっても良い気がしています。

けれども実際はあまり選択の余地がありません。

そういう場合は優先することを決めて、何かを多少妥協しなくてはなりません。

私の場合は、色とデザインを多少妥協しています。

現状はこんな感じですが、また使いやすい方法を工夫していきたいです。